人権・民主主義

無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

連邦議会でバイデン勝利の確定が行われたことを受けてトランプ大統領は現地時間の1月7日の早朝に事実上の敗北宣言をし、秩序ある政権移行を行うとの声明を発表した。

「選挙結果には全く同意していないし、真実は自分の側にあるが、それでも1月20日には秩序ある政権移譲を行う」と、自分のコミュニケーション・アドバイザーのダン・スカビノ氏のツイッターを通して公表した。

トランプ大統領はすでに気持ちを切り替え、「これは大統領史上最高の1期目の終わりを表すものだが、アメリカを再び偉大にする我々の戦いの始まりにすぎない」とし、今後も継続的に戦っていく姿勢を見せた。

但し、その戦いは大統領としてのものではなくなる。

今回の悲劇的な顛末で、最も我々が期待していた証拠の提示もできなくなった。

すでに大統領降ろしが始まっていて、合衆国憲法修正25条の規定により、残りの任期も認めずにペンス副大統領に大統領を交代させる動きが強まっている。

ペンス副大統領とミラー国防長官代行もすでにトランプ大統領の大統領権限を事実上否定する声明を出している。

トランプ大統領の態度表明によってこの大統領降ろしが中断されるのかどうかわからないが、いずれにせよディープステートの壁の厚さを実感させられた。

この敗北は民主主義にとって致命的なものではあるが、それでも我々はこれに屈するわけにはいかない。

超限戦を戦っているという自覚のもとで、今後の戦いを進めていこう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

nypost.comの記事
https://nypost.com/2021/01/07/president-trump-commits-to-orderly-transition-of-power/
トランプ大統領の画像
https://nypost.com/wp-content/uploads/sites/2/2021/01/trump-concession.jpg?quality=90&strip=all&w=618&h=410&crop=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米共和党のマコーネル議員、香港市民を支持する声明をトランプ大統領に求める!(朝香 豊)

    アメリカのマコーネル共和党上院院内総務は、トランプ大統領に対し…

  2. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  3. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  4. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実は…

  5. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

  6. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
  2. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  3. 外交

    文大統領、IOC会長との会談で東京五輪での旭日旗使用の懸念を表明へ (朝香 豊)…
  4. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)
PAGE TOP