中国

上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の豪雨は、揚子江(長江)河口付近にある上海・蘇州を襲い、広範囲な浸水被害が発生したようだ。

上海の中心部に位置する徐匯区でも道路が川のようになった。

バスの床上にまで浸水してきている様子が映されている動画もある。

上海の街中を流れる黄浦江の水位が上がっているため、雨水が簡単に排水できない状態になっているのも原因となっているようだ。

ただ、三峡ダムが放水を開始してからまだ日が短いため、放水された揚子江の水はまだこうした河口の都市までには到達していないと思われる。

実際、揚子江の水位はまだ最高水位には達していないとのことだ。

この豪雨がいつまで続くことになるかはわからないが、仮に揚子江の水位が最高レベルにまで達した中で豪雨が襲うような事態になると、上海・蘇州の被害は、現状とは比較にならないものになるだろう。

ちなみに上海・蘇州と比べるとかなり上流にある武漢市では、揚子江の水位は漢口水文観測所で警戒水位を1.79メートル超過するレベルとなり、市内各所で洪水が発生している。

こんな中で武漢に豪雨が襲う事態が発生すれば、武漢の被害はどこまで拡大することになるのだろうか。

今年の中国の豪雨は、シャレにならないレベルに達している。

なお、上海市内の水害の様子と武漢市内の水害の様子の動画は、このブログの下の方にそれぞれ貼り付けてあるので、よければご覧頂きたい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=6415
ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3292450
画像も同記事から
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/b/400w/img_8b0dccc33a275df411bd0219a900d2fc1796939.jpg

上海市内の水害の様子の動画

武漢市内の水害の様子の動画

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    中国がコロナのアメリカ流出説で反転攻勢! 実は追い詰められている中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    DiDiへの弾圧に中国リスクを認識すべき! 避けられない米中デカップリング!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 道理

    違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  6. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
  3. 経済

    景気悪化を認めない財務省! 日本経済を殺す気か!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
PAGE TOP