外交

アメリカに感謝して「トランプ湖」と命名か? コソボとセルビアの国境の湖!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

コソボとセルビアはユーゴスラビアが崩壊してから激しい戦いに明け暮れた。

セルビアからするとコソボはセルビア王国建国の地であり、コソボがセルビアから独立するということは認められなかった。

一方コソボからすると、住民の9割がイスラム教徒のアルバニア人であり、キリスト教徒のセルビア人がほとんどいないこの地域がセルビアから独立するのは自然なことだった。

このコソボとセルビアが仲良くなることなど永遠にありえないように思えたが、この仲介をトランプ政権が積極的に進め、歴史的な和解に繋がった。

両国の経済関係を強め、お互いにウィンウィンになるような提案をトランプ政権が真剣に考えたのである。

ところで、コソボとセルビアの国境には、2つの国をまたぐ人造湖がある。

この人造湖の名前はそれぞれの国で呼び方が違い、この名前のことでも両国は対立してきた。

両国の仲を取り持つためにトランプ政権が派遣したグレネル氏が半ば冗談で「だったらトランプ湖にしない?」と話したところ、驚いたことに両国の交渉官ともその提案に同意した。

この話をそれぞれの国に持ち帰って検討したところ、コソボの側は首相のホティ氏もその案はいいと同意した。

セルビア側はニューズウィークの報道ではまだ最終的な答ははっきりしないようだ。

それでも両国の交渉官がトランプ政権の両国を思った真摯な取り組みに深い感謝をしているのは間違いない。

こういうトランプ政権の成果は素直に高く評価してよいのではないだろうか。
 
 

是非とも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweek.com/kosovo-serbia-donald-trump-1534243
毎日新聞からの引用画像(コソボとセルビア)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/09/05/20200905k0000m030238000p/8.jpg?1
Twitterからの引用画像(トランプ湖)
https://pbs.twimg.com/media/EisE_oLWkAEUets.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)

    韓国が今月11日にWTOに日本を提訴していたことがわかった。今…

  2. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!憲法…

  3. 安全保障

    小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  4. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  5. 外交

    中華民国(台湾)建国記念日に、安倍総理と麻生財務相が祝福メッセージ!(朝香 豊)

    中華民国(台湾)建国記念日を祝うレセプションが福岡で開かれ、安…

  6. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)
  4. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)
  5. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)
PAGE TOP