外交

アメリカに感謝して「トランプ湖」と命名か? コソボとセルビアの国境の湖!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

コソボとセルビアはユーゴスラビアが崩壊してから激しい戦いに明け暮れた。

セルビアからするとコソボはセルビア王国建国の地であり、コソボがセルビアから独立するということは認められなかった。

一方コソボからすると、住民の9割がイスラム教徒のアルバニア人であり、キリスト教徒のセルビア人がほとんどいないこの地域がセルビアから独立するのは自然なことだった。

このコソボとセルビアが仲良くなることなど永遠にありえないように思えたが、この仲介をトランプ政権が積極的に進め、歴史的な和解に繋がった。

両国の経済関係を強め、お互いにウィンウィンになるような提案をトランプ政権が真剣に考えたのである。

ところで、コソボとセルビアの国境には、2つの国をまたぐ人造湖がある。

この人造湖の名前はそれぞれの国で呼び方が違い、この名前のことでも両国は対立してきた。

両国の仲を取り持つためにトランプ政権が派遣したグレネル氏が半ば冗談で「だったらトランプ湖にしない?」と話したところ、驚いたことに両国の交渉官ともその提案に同意した。

この話をそれぞれの国に持ち帰って検討したところ、コソボの側は首相のホティ氏もその案はいいと同意した。

セルビア側はニューズウィークの報道ではまだ最終的な答ははっきりしないようだ。

それでも両国の交渉官がトランプ政権の両国を思った真摯な取り組みに深い感謝をしているのは間違いない。

こういうトランプ政権の成果は素直に高く評価してよいのではないだろうか。
 
 

是非とも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweek.com/kosovo-serbia-donald-trump-1534243
毎日新聞からの引用画像(コソボとセルビア)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/09/05/20200905k0000m030238000p/8.jpg?1
Twitterからの引用画像(トランプ湖)
https://pbs.twimg.com/media/EisE_oLWkAEUets.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

  3. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?(朝香 豊)

    韓国の次期駐米大使に内定した李秀赫議員に対して、すでに内定後5…

  4. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  5. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)

    フランスのマクロン大統領は、NATOの現状について、米国の無関…

  6. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Featured Video Play Icon

    韓国・北朝鮮

    糞便から排泄されたウイルスが人の手を介して広まるA型肝炎の患者が韓国で蔓延! 原…
  2. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)
  3. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 …
PAGE TOP