外交

アメリカに感謝して「トランプ湖」と命名か? コソボとセルビアの国境の湖!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

コソボとセルビアはユーゴスラビアが崩壊してから激しい戦いに明け暮れた。

セルビアからするとコソボはセルビア王国建国の地であり、コソボがセルビアから独立するということは認められなかった。

一方コソボからすると、住民の9割がイスラム教徒のアルバニア人であり、キリスト教徒のセルビア人がほとんどいないこの地域がセルビアから独立するのは自然なことだった。

このコソボとセルビアが仲良くなることなど永遠にありえないように思えたが、この仲介をトランプ政権が積極的に進め、歴史的な和解に繋がった。

両国の経済関係を強め、お互いにウィンウィンになるような提案をトランプ政権が真剣に考えたのである。

ところで、コソボとセルビアの国境には、2つの国をまたぐ人造湖がある。

この人造湖の名前はそれぞれの国で呼び方が違い、この名前のことでも両国は対立してきた。

両国の仲を取り持つためにトランプ政権が派遣したグレネル氏が半ば冗談で「だったらトランプ湖にしない?」と話したところ、驚いたことに両国の交渉官ともその提案に同意した。

この話をそれぞれの国に持ち帰って検討したところ、コソボの側は首相のホティ氏もその案はいいと同意した。

セルビア側はニューズウィークの報道ではまだ最終的な答ははっきりしないようだ。

それでも両国の交渉官がトランプ政権の両国を思った真摯な取り組みに深い感謝をしているのは間違いない。

こういうトランプ政権の成果は素直に高く評価してよいのではないだろうか。
 
 

是非とも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweek.com/kosovo-serbia-donald-trump-1534243
毎日新聞からの引用画像(コソボとセルビア)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/09/05/20200905k0000m030238000p/8.jpg?1
Twitterからの引用画像(トランプ湖)
https://pbs.twimg.com/media/EisE_oLWkAEUets.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  2. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!

    北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の放棄をまず行うよう迫る「リビア…

  3. 外交

    韓国 オリンピックなどすべての国際行事で、旭日旗の持ち込みを禁止する国会決議!(朝香 豊)

    来年夏の東京五輪・パラリンピックで、旭日旗の競技場への持ち込み…

  4. 外交

    バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型コロナウイルスで潰れる韓国経済!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    保守系ニュースは検索しても表示させない! Google!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    アメリカの FOX NEWS が中国の臓器刈りについて、8分に及ぶ特集を放送!(…
  4. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    『緑なき島』の映像をめぐり、NHK前田会長がありえないすり替え ! これ以上しら…
PAGE TOP