人権・民主主義

香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)

香港で若者に警察官が至近距離から発砲し、肝臓と腎臓が破裂する大怪我を負ったことについて、警察は記者会見で「銃を奪われそうになったので撃った」と述べて発砲を正当化した。

だが映像を見ればわかるが、若者は警官の銃を奪いに行くような行動には出ていない。

しかも若者は、何らの武器も持っている様子もなかった。

また警官が黒い服を着た市民に対して繰り返し白バイでひき殺そうとするかのように向かっていった件についても、「警察官は、ハンマーで襲われたからだと話している」として、正当化した。

香港警察は、「混乱でみなが危機に陥っている。愛と平和の価値観といいながら暴徒は暴力を使っている」と、香港市民を批判したが、香港市民を守ろうとしない香港警察に対する不信感が高じていることについては何も触れていない。

これを受け、香港市場では株価が大きく下落した。

混乱を収拾するためには、香港市民が真に望んでいる解決策を実現するだけでよいではないか。

何が真の解決策かわからないというのであれば、住民投票をやってみればいいではないか。

そういう発言をして中国を揺さぶってみせる日本の政治家は、一人でも出てこないものか。

われこそはと思う政治家には、立ち上がってもらいたい。

これの元ネタとなるNHKの記事https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

    中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット…

  2. 人権・民主主義

    新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!詳し…

  3. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)

    中国当局に拘束されていた伊藤忠商事の40代の日本人男性社員に対…

  4. 人権・民主主義

    韓国検察が国務総理室を家宅捜索! 大統領府の市長選介入疑惑で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  2. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  3. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)
PAGE TOP