人権・民主主義

香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)

香港で若者に警察官が至近距離から発砲し、肝臓と腎臓が破裂する大怪我を負ったことについて、警察は記者会見で「銃を奪われそうになったので撃った」と述べて発砲を正当化した。

だが映像を見ればわかるが、若者は警官の銃を奪いに行くような行動には出ていない。

しかも若者は、何らの武器も持っている様子もなかった。

また警官が黒い服を着た市民に対して繰り返し白バイでひき殺そうとするかのように向かっていった件についても、「警察官は、ハンマーで襲われたからだと話している」として、正当化した。

香港警察は、「混乱でみなが危機に陥っている。愛と平和の価値観といいながら暴徒は暴力を使っている」と、香港市民を批判したが、香港市民を守ろうとしない香港警察に対する不信感が高じていることについては何も触れていない。

これを受け、香港市場では株価が大きく下落した。

混乱を収拾するためには、香港市民が真に望んでいる解決策を実現するだけでよいではないか。

何が真の解決策かわからないというのであれば、住民投票をやってみればいいではないか。

そういう発言をして中国を揺さぶってみせる日本の政治家は、一人でも出てこないものか。

われこそはと思う政治家には、立ち上がってもらいたい。

これの元ネタとなるNHKの記事https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ソウル…

  2. 人権・民主主義

    政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組を中国は完全排除へ!(朝香 豊)

    米人気アニメ番組「サウスパーク」は、辛辣な政治風刺・社会風刺が…

  3. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします香港で…

  4. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

  5. 人権・民主主義

    ウイグル人に情けは無用! 中国政府内部文書がリークされる!(朝香 豊)

    中国政府の大量の内部文書が米紙ニューヨーク・タイムズにリークさ…

  6. 人権・民主主義

    中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)

    中国を風刺したことで中国政府から完全に締め出しを食らった、アメ…

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
  2. 経済

    韓国のルノーサムスンが再びストへ! 韓国から撤退か?(朝香 豊)
  3. 外交

    北朝鮮船が日本の水産庁船に衝突も船員全員救助! だが…(朝香 豊)
  4. 未分類

    韓国検察、大統領弾劾へ一歩踏み出したか?(朝香 豊)
  5. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)
PAGE TOP