人権・民主主義

選挙後に起こった、許せない岸田内閣の親中姿勢への露骨な転換! 地方議会から岸田内閣包囲網を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国における人権侵害、とりわけウイグルにおけるジェノサイドとも形容されるひどい状況について、日本政府や国会がしっかりと行動することは、まさに重要なことであろう。

ウイグルでは100万人以上のウイグル人が強制収容所に収監され、強制労働や強制不妊手術が行われている。アメリカ政府やカナダ、英国、ニュージーランドなど各国議会は情報収集の結果として、ウイグルの人権状況に対しジェノサイド認定に踏み込んだりしながら、非難決議などを採択している。

こうした中、日本ウイグル協会や在日ウイグル人を支援する「ウイグルを応援する全国地方議員の会」は、日本政府や国会に対しても実態調査や非難決議を行うように求める意見書を地方政府にも出してもらいたいという運動を強めている。

これら団体は全国にある約1700の地方議会に対し、こうした意見書の採択を行うように訴える文書を発送した。

日本にいるウイグル人の中には家族との連絡ができず、故郷に帰るわけにもいかない方がたくさんいる。こういう点を考えれば、これは日本の問題としても看過できないことでもある。

ウイグル協会もこうした点を踏まえて「国外のことと看過せず、日本でも『調査』や『抗議などの必要な処置』がとられるように意見書を提出してもらいたい」と要望した。

「ウイグルを応援する全国地方議員の会」も、ウイグル自治区の人権侵害状況を非難する各国政府や議会の動向を説明する文書を送付し、我が国だけが後ろ向きの姿勢を示しているわけにはいかないことを示した。

今年3月以降に既に約40の地方議会が、ウイグル人が直面する人権侵害状況について国に毅然とした対応を求める意見書を採択している。

1700ある地方議会のほとんどでこうした意見書の採択が進むならば、政府や国会に対する確実な圧力として機能していくだろう。

岸田内閣に気づいてもらいたいのは、その親中姿勢が国民感情を深く傷つけていることだ。選挙前と選挙後で姿勢がガラッと変わっているのは、岸田総理に期待した国民世論に対する裏切りである。

そもそも中国の習近平指導部のあり方はヒトラー政権以上にひどいものである。

習近平政権が先日採択した「歴史決議」では天安門事件について、党と政府が「動乱に旗幟鮮明に反対した」との記述で武力鎮圧を完全に正当化する姿勢を示した。毛沢東については、大躍進運動、人民公社化、文化大革命については一応否定的評価を与えながらも、「毛沢東思想はマルクス・レーニン主義が中国で創造的に運用され、発展したものであり、実践でその正しさが証明された」と持ち上げている。香港についても「一国二制度を実践し、世界が認める成功を収めた」と全面的に肯定している。

自由、民主主義、基本的人権の尊重、法の支配といった普遍的価値感を完全に踏みにじることを正当化する国家がこれ以上強大化することは絶対に阻止しなければならないのではないか。その危機感を持つ国民の期待を裏切るような動きは到底容認できるものではない。

この基本線において、むしろ日本が西側諸国をリードするような動きをすることを国民は求めているのに、これとは真逆に中国に媚びるような行動をしているのはとても容認できない。

岸田内閣の動きが国民を裏切るものである以上、こうした地方議会をベースとした包囲網を敷くことにも強い意味があるだろう。地方議会で決議に賛同するかどうかで、各党の地方議員の踏み絵にもなる。

目下あまりにも情けない媚中的行動に向かう岸田内閣への包囲網として、こうした地方議会を通じた動きも歓迎したい。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国海軍が領海侵入! 中露爆撃機が日本周辺を飛来! 対中弱腰の帰結であることを直視せよ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7039

未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7029

科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6982

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20211122-HSLCBOVHDJLQTB2YLISRBX4A2I/
ウイグルを応援する全国地方議員の会の画像
https://for-uyghur.jp/wp-content/uploads/2021/08/事務局アイコン1.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  2. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    拉致問題を教育で扱ってはいけない! 立憲民主党議員の本音!?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!立憲…

  4. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!旧ユ…

  6. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになると…
  2. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
  4. 道理

    韓国の高校教科書の偏向ぶりがすごい! 自国の成立すら左翼偏向!(朝香 豊)
  5. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)…
PAGE TOP