安全保障

シノファームワクチン高接種国で感染者数激増 ! 中国国内でもシノファームワクチンを広州市が接種停止に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

人口の5割以上にワクチン接種が済んでいるのに、感染者数のみならず死亡者数も大幅に伸びている国がある。セーシェル、モルジブ、チリ、バーレン、ウルグアイなどだ。

これらの国に共通するのは、中国のシノファーム製のワクチンの利用率が高いことだ。セーシェルで5月第一週に感染が確認された人のうち1/3以上がワクチン接種を終えた人だったが、その大半がシノファーム製のワクチンを打っていたことを、セーシェル政府は明らかにした。

ところで、この件に関して中国でも興味深いことが起こっている。中国では感染が拡大していることを受けて、深センに続いて広州でも市の中心部でロックダウンが再び行われたが、広州ではなぜかワクチン接種が停止になっている。

公式には、ワクチン接種意欲が非常に高まっていることから過密になる事態を避ける必要があり、また医療資源をPCR検査に力を集中させるためだとしているが、これを頭から信じることはできない。

ところでこの一方で同じ中国企業のカンシノバイオ社の天津工場で製造されたアデノウイルスベクターワクチンが広州市に運び込まれた。ワクチン接種の停止を決めたならば、新しいワクチンをわざわざ運び込むことがおかしなことになる。これはシノファーム製のワクチンに問題があることに気が付き、こちらの利用を一旦停止させながら、今後は新たにカンシノバイオ製のもので置き換える方針なのではないだろうか。

ところで、シノファームは2種類の不活化ワクチンを製造しており、医学雑誌JAMAに先ごろ発表された結果によると、WIV04株のワクチンの有効率は72.8%、HB02株を使ったワクチンの有効率は78.1%だとされている。ファイザー製などと比べると見劣りするとはいえ、かなり高い有効率を示していることになるが、これは果たして本当のデータなのだろうか。セーシェル、モルジブなどでその有効性からは信じられない事態が進行していること、中国国内でも広州が接種の停止に踏み切ったことから見ても、シノファーム製のワクチンを信頼することは極めて危険なのではないだろうか。

そして医学データが客観的なものではなく、都合よく改ざんされたものだと考えられるようになると、中国のデータに対する信頼性は医学分野を超えて広がることになるはずだ。国勢調査の人口統計も矛盾だらけであったことも指摘されている。今後はウイルスの起源についても武漢ウイルス研究所だったのを中国政府が隠蔽してきた疑いが強まることは避けられない。中国の公式発表に対する信頼度は確実に下がっている。

私が「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」で述べたように、経済統計に疑惑の目が向かうようになれば、中国への投資に対して冷静になり、中国から手を引く企業がどんどん増えていくことになる。それが中国経済に対する決定的なダメージになるのである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

forbesjapan.comの記事
https://forbesjapan.com/articles/detail/41635
finance.sina.com.cnの記事
https://finance.sina.com.cn/tech/2021-05-31/doc-ikmxzfmm5766827.shtml
j.people.com.cnの記事
http://j.people.com.cn/n3/2021/0528/c95952-9855309.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6144
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6261
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5633
シノファームの画像
https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20210506&t=2&i=1561090130&w=&fh=545px&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPEH4504D

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  2. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  3. 安全保障

    台湾で中国からの干渉を防ぐ「反浸透法」成立! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  5. 安全保障

    インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 未分類

    横浜市長選挙で菅総理が推す小此木氏が大敗北! 菅おろしは不可避!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
PAGE TOP