安全保障

シノファームワクチン高接種国で感染者数激増 ! 中国国内でもシノファームワクチンを広州市が接種停止に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

人口の5割以上にワクチン接種が済んでいるのに、感染者数のみならず死亡者数も大幅に伸びている国がある。セーシェル、モルジブ、チリ、バーレン、ウルグアイなどだ。

これらの国に共通するのは、中国のシノファーム製のワクチンの利用率が高いことだ。セーシェルで5月第一週に感染が確認された人のうち1/3以上がワクチン接種を終えた人だったが、その大半がシノファーム製のワクチンを打っていたことを、セーシェル政府は明らかにした。

ところで、この件に関して中国でも興味深いことが起こっている。中国では感染が拡大していることを受けて、深センに続いて広州でも市の中心部でロックダウンが再び行われたが、広州ではなぜかワクチン接種が停止になっている。

公式には、ワクチン接種意欲が非常に高まっていることから過密になる事態を避ける必要があり、また医療資源をPCR検査に力を集中させるためだとしているが、これを頭から信じることはできない。

ところでこの一方で同じ中国企業のカンシノバイオ社の天津工場で製造されたアデノウイルスベクターワクチンが広州市に運び込まれた。ワクチン接種の停止を決めたならば、新しいワクチンをわざわざ運び込むことがおかしなことになる。これはシノファーム製のワクチンに問題があることに気が付き、こちらの利用を一旦停止させながら、今後は新たにカンシノバイオ製のもので置き換える方針なのではないだろうか。

ところで、シノファームは2種類の不活化ワクチンを製造しており、医学雑誌JAMAに先ごろ発表された結果によると、WIV04株のワクチンの有効率は72.8%、HB02株を使ったワクチンの有効率は78.1%だとされている。ファイザー製などと比べると見劣りするとはいえ、かなり高い有効率を示していることになるが、これは果たして本当のデータなのだろうか。セーシェル、モルジブなどでその有効性からは信じられない事態が進行していること、中国国内でも広州が接種の停止に踏み切ったことから見ても、シノファーム製のワクチンを信頼することは極めて危険なのではないだろうか。

そして医学データが客観的なものではなく、都合よく改ざんされたものだと考えられるようになると、中国のデータに対する信頼性は医学分野を超えて広がることになるはずだ。国勢調査の人口統計も矛盾だらけであったことも指摘されている。今後はウイルスの起源についても武漢ウイルス研究所だったのを中国政府が隠蔽してきた疑いが強まることは避けられない。中国の公式発表に対する信頼度は確実に下がっている。

私が「それでも習近平が中国経済を崩壊させる」で述べたように、経済統計に疑惑の目が向かうようになれば、中国への投資に対して冷静になり、中国から手を引く企業がどんどん増えていくことになる。それが中国経済に対する決定的なダメージになるのである。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

forbesjapan.comの記事
https://forbesjapan.com/articles/detail/41635
finance.sina.com.cnの記事
https://finance.sina.com.cn/tech/2021-05-31/doc-ikmxzfmm5766827.shtml
j.people.com.cnの記事
http://j.people.com.cn/n3/2021/0528/c95952-9855309.html
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6144
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/6261
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5633
シノファームの画像
https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20210506&t=2&i=1561090130&w=&fh=545px&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPEH4504D

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    新型原発「高温ガス炉」が日本を救う! 日本政府は大胆な投資を行え!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  3. 経済

    碧桂園が資金調達に失敗! 不透明度高まる中国の不動産業界!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  5. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  5. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)
PAGE TOP