安全保障

英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国が新型コロナウイルスに関して情報操作を行いながら、このパンデミックを自分たちの収益機会に変えようとしていることに、イギリスのジョンソン内閣の内部では怒りが湧き上がっているようだ。

ジョンソン内閣のある閣僚は、「(虚偽の情報を提供して)世界経済を台無しにした中国当局を見て見ぬふりをしてはいけない」、今後「中国のサプライチェーンや戦略的なインフラ設備に頼るすべてのプロジェクトを早急に見直す必要がある」と語った。

マイケル・ゴーブ内閣府担当大臣は、中国が新型コロナウイルスの感染性や性質などの正確なデータを提供せず、感染の広がりを悪化させた責任が中国にあると非難している。

ジョンソン首相は1月に、ファーウェイがイギリスの5Gのネットワーク構築に大々的に参入できる決定をしたが、この決定を見直すよう求める閣内の圧力は高まっている。

閣内では、中国は「のけもの国家」になるリスクと直面しているとの声もある。

イギリスの対中姿勢は、明らかに転換したようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のテレグラフの記事
https://www.telegraph.co.uk/politics/2020/03/29/michael-gove-accuses-china-hiding-true-scale-coronavirus-crisis/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8163767/Downing-Street-says-China-faces-reckoning-coronavirus.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53936.html
画像はロンドン市長時代のジョンソン首相の写真(ウィキペディアから)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Boris_Johnson_-opening_bell_at_NASDAQ-14Sept2009-3c.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  2. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!詳し…

  4. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!愛知…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)
  2. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  4. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  5. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)
PAGE TOP