安全保障

英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国が新型コロナウイルスに関して情報操作を行いながら、このパンデミックを自分たちの収益機会に変えようとしていることに、イギリスのジョンソン内閣の内部では怒りが湧き上がっているようだ。

ジョンソン内閣のある閣僚は、「(虚偽の情報を提供して)世界経済を台無しにした中国当局を見て見ぬふりをしてはいけない」、今後「中国のサプライチェーンや戦略的なインフラ設備に頼るすべてのプロジェクトを早急に見直す必要がある」と語った。

マイケル・ゴーブ内閣府担当大臣は、中国が新型コロナウイルスの感染性や性質などの正確なデータを提供せず、感染の広がりを悪化させた責任が中国にあると非難している。

ジョンソン首相は1月に、ファーウェイがイギリスの5Gのネットワーク構築に大々的に参入できる決定をしたが、この決定を見直すよう求める閣内の圧力は高まっている。

閣内では、中国は「のけもの国家」になるリスクと直面しているとの声もある。

イギリスの対中姿勢は、明らかに転換したようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のテレグラフの記事
https://www.telegraph.co.uk/politics/2020/03/29/michael-gove-accuses-china-hiding-true-scale-coronavirus-crisis/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8163767/Downing-Street-says-China-faces-reckoning-coronavirus.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53936.html
画像はロンドン市長時代のジョンソン首相の写真(ウィキペディアから)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Boris_Johnson_-opening_bell_at_NASDAQ-14Sept2009-3c.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!⭐⭐…

  2. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    保守派を潰すための字幕操作! 韓国のテレビ局!(朝香 豊)
  2. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)
  3. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 …
  4. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)
  5. 道理

    米軍に安易な基地名見直しの動き! 南北戦争の南部指導者名は外すべきか?(朝香 豊…
PAGE TOP