安全保障

英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国が新型コロナウイルスに関して情報操作を行いながら、このパンデミックを自分たちの収益機会に変えようとしていることに、イギリスのジョンソン内閣の内部では怒りが湧き上がっているようだ。

ジョンソン内閣のある閣僚は、「(虚偽の情報を提供して)世界経済を台無しにした中国当局を見て見ぬふりをしてはいけない」、今後「中国のサプライチェーンや戦略的なインフラ設備に頼るすべてのプロジェクトを早急に見直す必要がある」と語った。

マイケル・ゴーブ内閣府担当大臣は、中国が新型コロナウイルスの感染性や性質などの正確なデータを提供せず、感染の広がりを悪化させた責任が中国にあると非難している。

ジョンソン首相は1月に、ファーウェイがイギリスの5Gのネットワーク構築に大々的に参入できる決定をしたが、この決定を見直すよう求める閣内の圧力は高まっている。

閣内では、中国は「のけもの国家」になるリスクと直面しているとの声もある。

イギリスの対中姿勢は、明らかに転換したようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のテレグラフの記事
https://www.telegraph.co.uk/politics/2020/03/29/michael-gove-accuses-china-hiding-true-scale-coronavirus-crisis/
ネタ元のデイリー・メールの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8163767/Downing-Street-says-China-faces-reckoning-coronavirus.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53936.html
画像はロンドン市長時代のジョンソン首相の写真(ウィキペディアから)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Boris_Johnson_-opening_bell_at_NASDAQ-14Sept2009-3c.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  4. 安全保障

    ASEANでの日本への期待は圧倒的! シンガポールのシンクタンクが発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)
  3. 未分類

    英ブレグジット党が保守党と事実上の選挙協力! 労働党には壊滅的打撃か?(朝香 豊…
  4. 道理

    八ッ場ダム対応での民主党批判はナンセンスだと、立憲民主党!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    コロナ死亡患者の45%がもともと寝たきり! ずれている政府の対策!(朝香 豊)
PAGE TOP