人権・民主主義

新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の反体制派の弾圧は、新型コロナウイルスが蔓延しても続いている。

というよりも、今回の新型コロナウイルスをめぐる騒動を利用して、さらに強めていると言ったほうがいいのかもしれない。

新型コロナウイルスに罹っているかどうかを、体温を測って計測するという名目で、各家庭に入り込む口実を作り、民主活動家をしょっぴいていくということが、各地で繰り返されている。

中国の人権活動家の許志永氏を例にあげよう。

彼は様々な都市を移動して、そのたびごとに知人宅に身を隠し、当局の足がつく前にまた移動するということを繰り返してきた。

ところが、各地で都市封鎖が行われる中では、許志永氏も身動きが取れなくなった。

許志永氏は広州市に住む人権派弁護士である楊斌氏の自宅に身を隠していたが、新型コロナウイルス対策で検温に来たという名目で、公安警察が扉を開けさせて、内部を確認し、許志永氏が発見されてしまった。

この結果、許志永氏のみならず、許志永氏を匿っていた楊斌氏本人に加え、その妻、その息子も併せて連行された。

中国政府はこのタイミングで各地の人権活動家の自宅を一斉に「検温」を名目にして家宅捜索を行い、一網打尽で拘束しているのだ。

自称市民記者の陳秋実氏も拘束された。

彼は武漢のある葬儀場に潜入し、霊柩車がどれほど出入りするかを確認するとか、武漢市内の病院にでかけて、遺体袋に入れられた遺体が、1台のバンに何体も一緒に詰め込まれている様子を撮影するなどしていた。

道徳心の涵養なども取り込んだ独特の気功で人々の心を掴んだ法輪功も、当局によって弾圧を受けている。

いっときは中国全土で1億人くらいにメンバーが増えたために、中国当局はこの法輪功がまとまることを恐れたのだ。

この法輪功のメンバーも「検温」を理由として警察が自宅にやってきて、拘束される事態が展開している。

新型コロナウイルスに関して中国当局を批判するネタをインターネット上に上げるのは、一旦は規制が緩められた時もあったようだが、再び厳しく強化されているようだ。

穿った見方かもしれないが、一旦規制を緩めたのは、単に反体制派のあぶり出しだったのではとさえ、思いたくなる。

ともかく、この中国共産党の過酷なあり方は、まだまだ続くようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51959.html
ネタ元のヤフー!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000057-cnippou-kr
ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/262704?servcode=A00&sectcode=A00

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?

    「辞めさせてもらえるなら、辞めて謝罪したい」、「行政長官は…

  2. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

  3. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

  4. 道理

    日本学術会議の新メンバーの一部拒否! 菅総理!(朝香 豊)

    ラウンドボタン-L人気ブログランキングへのご協力をよろしく…

  5. 経済

    ビジネスマンは意外と脱中国化に賛成している! 日経新聞のアンケート結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日経…

  6. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 …
  3. 安全保障

    トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)
  4. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)
PAGE TOP