人権・民主主義

新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の反体制派の弾圧は、新型コロナウイルスが蔓延しても続いている。

というよりも、今回の新型コロナウイルスをめぐる騒動を利用して、さらに強めていると言ったほうがいいのかもしれない。

新型コロナウイルスに罹っているかどうかを、体温を測って計測するという名目で、各家庭に入り込む口実を作り、民主活動家をしょっぴいていくということが、各地で繰り返されている。

中国の人権活動家の許志永氏を例にあげよう。

彼は様々な都市を移動して、そのたびごとに知人宅に身を隠し、当局の足がつく前にまた移動するということを繰り返してきた。

ところが、各地で都市封鎖が行われる中では、許志永氏も身動きが取れなくなった。

許志永氏は広州市に住む人権派弁護士である楊斌氏の自宅に身を隠していたが、新型コロナウイルス対策で検温に来たという名目で、公安警察が扉を開けさせて、内部を確認し、許志永氏が発見されてしまった。

この結果、許志永氏のみならず、許志永氏を匿っていた楊斌氏本人に加え、その妻、その息子も併せて連行された。

中国政府はこのタイミングで各地の人権活動家の自宅を一斉に「検温」を名目にして家宅捜索を行い、一網打尽で拘束しているのだ。

自称市民記者の陳秋実氏も拘束された。

彼は武漢のある葬儀場に潜入し、霊柩車がどれほど出入りするかを確認するとか、武漢市内の病院にでかけて、遺体袋に入れられた遺体が、1台のバンに何体も一緒に詰め込まれている様子を撮影するなどしていた。

道徳心の涵養なども取り込んだ独特の気功で人々の心を掴んだ法輪功も、当局によって弾圧を受けている。

いっときは中国全土で1億人くらいにメンバーが増えたために、中国当局はこの法輪功がまとまることを恐れたのだ。

この法輪功のメンバーも「検温」を理由として警察が自宅にやってきて、拘束される事態が展開している。

新型コロナウイルスに関して中国当局を批判するネタをインターネット上に上げるのは、一旦は規制が緩められた時もあったようだが、再び厳しく強化されているようだ。

穿った見方かもしれないが、一旦規制を緩めたのは、単に反体制派のあぶり出しだったのではとさえ、思いたくなる。

ともかく、この中国共産党の過酷なあり方は、まだまだ続くようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51959.html
ネタ元のヤフー!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00000057-cnippou-kr
ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/262704?servcode=A00&sectcode=A00

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ソウルの反文在寅デモに500万人集結か!(朝香 豊)

    文在寅政権とチョ・グク法務相を糾弾する集会がソウルで行われた。…

  2. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

  4. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)

    アメリカの上院は、香港人権民主主義法案を全会一致で可決した。…

  5. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    9月に香港立法会選挙! 民主派はどう戦うのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港 デモ参加者のマスク禁止へ!(朝香 豊)
  5. 経済

    米GDPはマイナス39.6%に達するとの予測! 米議会予算局! (朝香 豊)
PAGE TOP