人権・民主主義

拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

小島晴則さんは、元日本共産党員で、在日朝鮮人帰国協力会の新潟支部で事務局長を務めていた。

彼は「新潟協力会ニュース」の実質的な編集長として活動した。

月に3回ほど帰還事業関連の新聞を発行し、新潟港から去っていく彼らを写真に撮り、記事を書き、およそ5000部を刷って各界に送ったという。

当時は日本のあらゆる新聞やテレビが、北朝鮮は地上の楽園だと宣伝していたから、北朝鮮の挑発北朝鮮への「帰国」船に乗った瞬間から地獄が始まったことがわからなかった。

小島さんが変わったのは、1960年代に3週間、北朝鮮を訪れた後からだそうだ。

「北朝鮮の体制は、豊かに暮らしているというけれど、そうではなかった。人の顔はうそをつかない。行って、会ってみると、みんな栄養失調の顔をしていた」と、小島さんは話す。

帰国後に帰国協力会の活動をやめ、共産党からも抜けた。

小島さんは、『写真で綴(つづ)る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ』というタイトルの資料集を出版した。

帰還事業では在日朝鮮・韓国人だけでなく、日本人妻や子ども6000人を含む、93000人が日本から渡ったのだ。

だから小島さんは、日本人拉致問題だけを扱うのをおかしいと考え、93000人が日本から渡って地獄のような暮らしを送っていることも問題視している。

ここから、日本政府に対して、こうした人たちのことを知らないふりはできないと問題提起をする。

日本政府が北朝鮮への「帰国」事業を積極的に後押ししたことを、私たちは確かに忘れはならないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/13/2019121380113.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)

    香港で若者に警察官が至近距離から発砲し、肝臓と腎臓が破裂する大…

  2. 韓国・北朝鮮

    韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)

    北朝鮮にどうしてここまで韓国が冷遇されることになるのか、わから…

  3. 人権・民主主義

    なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソウ…

  4. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 人権・民主主義

    香港の地下鉄を破壊しているのは、香港警察か? 動画あり!(朝香 豊)

    香港でよく発生する「黒衣暴徒」による地下鉄破壊活動においては、…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  5. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
PAGE TOP