人権・民主主義

拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

小島晴則さんは、元日本共産党員で、在日朝鮮人帰国協力会の新潟支部で事務局長を務めていた。

彼は「新潟協力会ニュース」の実質的な編集長として活動した。

月に3回ほど帰還事業関連の新聞を発行し、新潟港から去っていく彼らを写真に撮り、記事を書き、およそ5000部を刷って各界に送ったという。

当時は日本のあらゆる新聞やテレビが、北朝鮮は地上の楽園だと宣伝していたから、北朝鮮の挑発北朝鮮への「帰国」船に乗った瞬間から地獄が始まったことがわからなかった。

小島さんが変わったのは、1960年代に3週間、北朝鮮を訪れた後からだそうだ。

「北朝鮮の体制は、豊かに暮らしているというけれど、そうではなかった。人の顔はうそをつかない。行って、会ってみると、みんな栄養失調の顔をしていた」と、小島さんは話す。

帰国後に帰国協力会の活動をやめ、共産党からも抜けた。

小島さんは、『写真で綴(つづ)る北朝鮮帰国事業の記録 帰国者九万三千余名 最後の別れ』というタイトルの資料集を出版した。

帰還事業では在日朝鮮・韓国人だけでなく、日本人妻や子ども6000人を含む、93000人が日本から渡ったのだ。

だから小島さんは、日本人拉致問題だけを扱うのをおかしいと考え、93000人が日本から渡って地獄のような暮らしを送っていることも問題視している。

ここから、日本政府に対して、こうした人たちのことを知らないふりはできないと問題提起をする。

日本政府が北朝鮮への「帰国」事業を積極的に後押ししたことを、私たちは確かに忘れはならないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/13/2019121380113.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  3. 人権・民主主義

    想像を絶するモスクの大量破壊! 新疆ウイグル自治区!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  4. 安全保障

    やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)
  3. 道理

    韓国が新型コロナで北朝鮮を支援準備! 自国民よりも北朝鮮が大切!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)
PAGE TOP