安全保障

中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米国証券取引委員会(SEC)の文書で、投票集計機のドミニオン社が選挙開始の1カ月前に、中国の瑞銀証券から4億ドル(約400億円)の出資を受け取っていたことが明らかになったとの話が浮上した。

この報道には若干問題があり、正確にはドミニオン社を買収したステープル・ストリート社に瑞銀証券が今年の10月に4億ドルの出資を行なったというものである。なお、2014年12月にもステープル・ストリート社は瑞銀証券から2億ドル(200億円)の出資を受けている。いずれにせよ、ステープル・ストリート社と中国が深い関係にあり、その影響下にドミニオン社が置かれているのは確かだ。

さらに、ステープル・ストリート社はブッシュ家や民主党上層部との関係も深いカーライルグループ系のファンドであることにも注目したい。同社の取締役の一人であるウィリアム・ケナード氏は、オバマ政権下でのEU大使であり、バイデン家と深い関係を持つジョン・ケリー国務長官(オバマ政権当時)の外交政策委員会のメンバーでもある。なお、カーライルグループはアリババのジャック・マーが率いる霊峰基金とも共同出資を行い、これを中国系の企業に売却することによって同社の3年分に相当する利益を一度に計上したとの話もある。こうした法外な利益を得ることを通じて、カーライルグループやステープル・ストリート社は中国と深い関係を築いていたと言える。そしてその影響下にドミニオン社は置かれているわけだ。

なおドミニオン社はクリントン財団とも深い関係にあり、選挙用のソフトを共同開発している。そして同社の投票集計機を世界各国に普及させるのにクリントン財団が積極的に支援している。

なお瑞銀証券はスイスのUBS系列の会社であり、保有株式の51%はUBSが保有するが、49%は中国企業が保有しており、中国政府の意向が強く反映するようになっている。

いろんな関係が繋がって見えてきた。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のwww.newswars.comの記事
https://www.newswars.com/firm-that-owns-dominion-voting-systems-received-400-million-from-swiss-bank-with-connection-to-chinese-government-before-election/
ネタ元のwww.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65426.html
ネタ元のblog.goo.ne.jpの記事
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/a5fb756f317994178231ad77f13d840f
usareally.comからの引用画像(瑞銀証券)
https://usareally.com/uploads/2020/12/02/full-screenshot-2-1606913776.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)

    日本の排他的経済水域(EEZ)内の「大和堆」周辺で、北朝鮮の漁…

  2. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

  4. 道理

    具体策が見えないぞ! 河野太郎氏出馬会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  6. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 人権・民主主義

    「慰安婦ビジネス」が明らかになった尹美香氏! 反日活動に大打撃!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    労働者の安全のために、食肉生産をとめるべきか? トランプ大統領は生産を命令!(朝…
  4. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)
  5. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)
PAGE TOP