安全保障

中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米国証券取引委員会(SEC)の文書で、投票集計機のドミニオン社が選挙開始の1カ月前に、中国の瑞銀証券から4億ドル(約400億円)の出資を受け取っていたことが明らかになったとの話が浮上した。

この報道には若干問題があり、正確にはドミニオン社を買収したステープル・ストリート社に瑞銀証券が今年の10月に4億ドルの出資を行なったというものである。なお、2014年12月にもステープル・ストリート社は瑞銀証券から2億ドル(200億円)の出資を受けている。いずれにせよ、ステープル・ストリート社と中国が深い関係にあり、その影響下にドミニオン社が置かれているのは確かだ。

さらに、ステープル・ストリート社はブッシュ家や民主党上層部との関係も深いカーライルグループ系のファンドであることにも注目したい。同社の取締役の一人であるウィリアム・ケナード氏は、オバマ政権下でのEU大使であり、バイデン家と深い関係を持つジョン・ケリー国務長官(オバマ政権当時)の外交政策委員会のメンバーでもある。なお、カーライルグループはアリババのジャック・マーが率いる霊峰基金とも共同出資を行い、これを中国系の企業に売却することによって同社の3年分に相当する利益を一度に計上したとの話もある。こうした法外な利益を得ることを通じて、カーライルグループやステープル・ストリート社は中国と深い関係を築いていたと言える。そしてその影響下にドミニオン社は置かれているわけだ。

なおドミニオン社はクリントン財団とも深い関係にあり、選挙用のソフトを共同開発している。そして同社の投票集計機を世界各国に普及させるのにクリントン財団が積極的に支援している。

なお瑞銀証券はスイスのUBS系列の会社であり、保有株式の51%はUBSが保有するが、49%は中国企業が保有しており、中国政府の意向が強く反映するようになっている。

いろんな関係が繋がって見えてきた。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のwww.newswars.comの記事
https://www.newswars.com/firm-that-owns-dominion-voting-systems-received-400-million-from-swiss-bank-with-connection-to-chinese-government-before-election/
ネタ元のwww.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65426.html
ネタ元のblog.goo.ne.jpの記事
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/a5fb756f317994178231ad77f13d840f
usareally.comからの引用画像(瑞銀証券)
https://usareally.com/uploads/2020/12/02/full-screenshot-2-1606913776.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)

    ドイツ国民が連邦議会に「民主国家の台湾と国交を結ぼう」との内容…

  3. 安全保障

    日本大ピンチ! ボルトン解任によってトランプ大統領は北朝鮮政策を大転換へ!

    北朝鮮の非核化をめぐり、核兵器の放棄をまず行うよう迫る「リビア…

  4. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「イスラエルにはテロリストから自国を守る権利がある」・・・中山防衛副大臣のツイー…
  2. 人権・民主主義

    選挙不正を訴えた動画を即刻削除! YouTubeとVimeo!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    新型コロナウイルスを、反体制派の弾圧に使う中国! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    マイクロ波兵器の攻撃による脳の損傷か! 米外交官ら深刻被害!(朝香 豊)
PAGE TOP