安全保障

中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米国証券取引委員会(SEC)の文書で、投票集計機のドミニオン社が選挙開始の1カ月前に、中国の瑞銀証券から4億ドル(約400億円)の出資を受け取っていたことが明らかになったとの話が浮上した。

この報道には若干問題があり、正確にはドミニオン社を買収したステープル・ストリート社に瑞銀証券が今年の10月に4億ドルの出資を行なったというものである。なお、2014年12月にもステープル・ストリート社は瑞銀証券から2億ドル(200億円)の出資を受けている。いずれにせよ、ステープル・ストリート社と中国が深い関係にあり、その影響下にドミニオン社が置かれているのは確かだ。

さらに、ステープル・ストリート社はブッシュ家や民主党上層部との関係も深いカーライルグループ系のファンドであることにも注目したい。同社の取締役の一人であるウィリアム・ケナード氏は、オバマ政権下でのEU大使であり、バイデン家と深い関係を持つジョン・ケリー国務長官(オバマ政権当時)の外交政策委員会のメンバーでもある。なお、カーライルグループはアリババのジャック・マーが率いる霊峰基金とも共同出資を行い、これを中国系の企業に売却することによって同社の3年分に相当する利益を一度に計上したとの話もある。こうした法外な利益を得ることを通じて、カーライルグループやステープル・ストリート社は中国と深い関係を築いていたと言える。そしてその影響下にドミニオン社は置かれているわけだ。

なおドミニオン社はクリントン財団とも深い関係にあり、選挙用のソフトを共同開発している。そして同社の投票集計機を世界各国に普及させるのにクリントン財団が積極的に支援している。

なお瑞銀証券はスイスのUBS系列の会社であり、保有株式の51%はUBSが保有するが、49%は中国企業が保有しており、中国政府の意向が強く反映するようになっている。

いろんな関係が繋がって見えてきた。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のwww.newswars.comの記事
https://www.newswars.com/firm-that-owns-dominion-voting-systems-received-400-million-from-swiss-bank-with-connection-to-chinese-government-before-election/
ネタ元のwww.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65426.html
ネタ元のblog.goo.ne.jpの記事
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/a5fb756f317994178231ad77f13d840f
usareally.comからの引用画像(瑞銀証券)
https://usareally.com/uploads/2020/12/02/full-screenshot-2-1606913776.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  5. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

  6. 人権・民主主義

    高まるタイの反政府運動! 王室の危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!タイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)
  2. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)
  3. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!
  4. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
  5. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ
PAGE TOP