人権・民主主義

ジョージア州で発覚した異常開票状況! それでも主流派メディアは言い逃れに必死!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ジョージア州のフルトン郡で、「水道管が破裂した」という話を流して投票監視員を帰宅させ、4人の民主党系の職員だけでスーツケースに入れて机の下に隠していたバイデン票の束を取り出して、投票集計機に3度も掛けて不当に票の上積みを行っていたのがバレた。開票の様子を撮影していた監視カメラの動画に、この不正投票の一部始終が記録されていた。

こうした証拠を突きつけられて、共和党員でありながら親民主党・親中派のケンプ知事やラフェンスパーガー州務長官も、郵便投票に使われた署名の点検を行うと表明せざるをえないところに追い込まれた。これはこれまでの流れを変える大きな前進だ。

だが驚くべきは、バイデンを勝たせたいマスコミ主流派は、この映像に取られた選挙不正すら認めない姿勢を貫いていることだ。

彼らは目撃されたのはスーツケースではなく、規定通りのキャスター付きの投票保管機にすぎないと主張し、選挙監視員に立ち去らなければならないとは誰も言っていないとしている。選挙監視員はその場にいて監視をすることはできるが、それは義務ではないから、いない中で開票作業を進めても違法ではないという。監視用のモニターは作動していたし、独立的な立場の調査員は開票活動を監視していたのだと強弁する。そして調査員は今回の様子を撮影した動画を見ても「通常通りの開票行動」なのだと判定したというのである。

ジャッキー・ピック弁護士は多くの証人たちから提出された宣誓供述書に基づいて議会の公聴会で主張したのだが、この主張を彼らは正確には追っていない。「思わぬ事故が起こった」から開票を中断して帰宅してくれと言われたというのがピック弁護士の主張だが、マスコミ主流派はこの「思わぬ事故」(あるいは「水道管の破裂」)のところを意識的に飛ばし、「帰宅しなければならない」とは言われていないという屁理屈をこねている。「帰宅するように言われた」かもしれないが、「帰宅しなければならない」とは言われていないと言い逃れをしようというのだろう。なお、ピック弁護士は作業を中断すると言われたことを述べ、立ち去るよう強要された(forced to leave)とも語っている。

目撃されたのがスーツケースであるのか、規定通りのキャスター付きの投票保管機なのかは実は問題ではないのに、その点に話をすり替えている。私にはどう見てもスーツケースにしか見えないが、仮にこれが正規の投票保管機なのだとしても、机の下にそんなものが隠されていることは投票監視員たちには知らされていなかった。それが監視員がいなくなってから取り出され、開票集計機に回されたところこそが問題なのである。さらに、2人の人間が途中で外部から新たな票を持ち込んでいるのも確認されている。

さらにこれらの票は1通ずつ封筒に入っていたわけではない。署名照合の確認を行っている形跡など全くないのだ。封筒に入っていない束ねられた票がそのまま投票集計機に載せられ、しかも3回も繰り返してカウントされているのは、どうしたって言い逃れができるものではない。だが、この点についての論及も主流派メディアは避けている。

ここに至っても、黒を白だと言いくるめる主張を続けているわけだ。これが民主主義国の「総本山」であるはずのアメリカで進行している事態なのである。民主主義の危機を我々は強く感じなければならない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のnews.yahoo.comの記事
https://news.yahoo.com/surveillance-tape-breeds-false-fraud-231226245.html
ネタ元のwww.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/georgia-governor-calls-for-signature-audit_3605981.html
ジョージア州のケンプ知事とラッフェンパーガー州務長官の引用画像
https://headlines360.files.wordpress.com/2020/11/kemp-raffensperger-3_large.jpg?w=1140

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国検察が国務総理室を家宅捜索! 大統領府の市長選介入疑惑で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  2. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  3. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)
  4. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)
PAGE TOP