人権・民主主義

韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こった。

「『ハンギョレ』が恥ずかしい」との書き出しで、31人の若手記者の連名の声明が発表されたのだ。

チョ・グク氏に関する疑惑の追及に及び腰の社の編集方針に疑問を呈し、編集局長の辞任を求めた。

チョ・グク氏を批判する記事がウェブページに掲載された4分後に、上層部の意向でこの記事が消去されたのがきっかけだ。

記者たちはチョ・グク氏の疑惑に関する記事を書くたびに、一方的に記事のトーンを弱めさせられたり、タイトルを変えさせられたりしてきた。

「編集局が腐るだけ腐ったという事実を示す一断面に過ぎない」と、声明は伝える。

朴槿恵政権まではあった政権人事に対する調査報道班が、文在寅政権になってからはなくなり、チョ・グク氏の疑惑が高まってからも再結成されることはなかった。

声明は上層部に対して、「言論の自由を抑えつけるなら出て行け」「あなた方の言う『正義』は、われわれが守る」と辛辣だ。

『御用新聞』の冷やかしを受けていることから、若手記者の反旗に中堅記者の賛同も相次いだ。

文在寅政権の歯車がどんどん外れているようだ。

朝日新聞の若手記者、ハンギョレに続け!

これに関する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    山林での太陽光発電に規制法を作れ! 各地で相次ぐトラブル!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!政府…

  2. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  3. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北海…

  5. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!
  2. 人権・民主主義

    左翼グループが移民税関捜査局で「抗議行動」! オレゴン州ポートランド!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)
  4. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)
  5. 外交

    竹島はサンフランシスコ条約で韓国領! 噴飯ものの主張が韓国で登場!(朝香 豊)
PAGE TOP