人権・民主主義

韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こった。

「『ハンギョレ』が恥ずかしい」との書き出しで、31人の若手記者の連名の声明が発表されたのだ。

チョ・グク氏に関する疑惑の追及に及び腰の社の編集方針に疑問を呈し、編集局長の辞任を求めた。

チョ・グク氏を批判する記事がウェブページに掲載された4分後に、上層部の意向でこの記事が消去されたのがきっかけだ。

記者たちはチョ・グク氏の疑惑に関する記事を書くたびに、一方的に記事のトーンを弱めさせられたり、タイトルを変えさせられたりしてきた。

「編集局が腐るだけ腐ったという事実を示す一断面に過ぎない」と、声明は伝える。

朴槿恵政権まではあった政権人事に対する調査報道班が、文在寅政権になってからはなくなり、チョ・グク氏の疑惑が高まってからも再結成されることはなかった。

声明は上層部に対して、「言論の自由を抑えつけるなら出て行け」「あなた方の言う『正義』は、われわれが守る」と辛辣だ。

『御用新聞』の冷やかしを受けていることから、若手記者の反旗に中堅記者の賛同も相次いだ。

文在寅政権の歯車がどんどん外れているようだ。

朝日新聞の若手記者、ハンギョレに続け!

これに関する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  3. 人権・民主主義

    学校の反日偏向を告発した高校生が、逆にいじめの対象に! 韓国!(朝香 豊)

    韓国の仁憲高校では、高校3年生150人が高校の反日偏向ぶりを告…

  4. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)

    米プロバスケットボールNBAのヒューストン・ロケッツのジェネラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?
  4. 人権・民主主義

    チョ・グク法相は「南韓社会主義労働者同盟」の中核メンバーとして拘束されたことがあ…
  5. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)
PAGE TOP