人権・民主主義

韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こった。

「『ハンギョレ』が恥ずかしい」との書き出しで、31人の若手記者の連名の声明が発表されたのだ。

チョ・グク氏に関する疑惑の追及に及び腰の社の編集方針に疑問を呈し、編集局長の辞任を求めた。

チョ・グク氏を批判する記事がウェブページに掲載された4分後に、上層部の意向でこの記事が消去されたのがきっかけだ。

記者たちはチョ・グク氏の疑惑に関する記事を書くたびに、一方的に記事のトーンを弱めさせられたり、タイトルを変えさせられたりしてきた。

「編集局が腐るだけ腐ったという事実を示す一断面に過ぎない」と、声明は伝える。

朴槿恵政権まではあった政権人事に対する調査報道班が、文在寅政権になってからはなくなり、チョ・グク氏の疑惑が高まってからも再結成されることはなかった。

声明は上層部に対して、「言論の自由を抑えつけるなら出て行け」「あなた方の言う『正義』は、われわれが守る」と辛辣だ。

『御用新聞』の冷やかしを受けていることから、若手記者の反旗に中堅記者の賛同も相次いだ。

文在寅政権の歯車がどんどん外れているようだ。

朝日新聞の若手記者、ハンギョレに続け!

これに関する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)

    香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は、ドイツの大…

  2. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)

    中国中の宗教コミュニティで習近平思想の学習が義務化されつつある…

  3. 安全保障

    はしかの予防接種に悪影響! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 人権・民主主義

    文大統領支持率が就任後最低に! それでも支持率は43.8%! (朝香 豊)

    韓国の世論調査会社のリアルメーターによると、チョグク法相の任命…

  5. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)
  2. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 …
  5. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
PAGE TOP