人権・民主主義

韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こった。

「『ハンギョレ』が恥ずかしい」との書き出しで、31人の若手記者の連名の声明が発表されたのだ。

チョ・グク氏に関する疑惑の追及に及び腰の社の編集方針に疑問を呈し、編集局長の辞任を求めた。

チョ・グク氏を批判する記事がウェブページに掲載された4分後に、上層部の意向でこの記事が消去されたのがきっかけだ。

記者たちはチョ・グク氏の疑惑に関する記事を書くたびに、一方的に記事のトーンを弱めさせられたり、タイトルを変えさせられたりしてきた。

「編集局が腐るだけ腐ったという事実を示す一断面に過ぎない」と、声明は伝える。

朴槿恵政権まではあった政権人事に対する調査報道班が、文在寅政権になってからはなくなり、チョ・グク氏の疑惑が高まってからも再結成されることはなかった。

声明は上層部に対して、「言論の自由を抑えつけるなら出て行け」「あなた方の言う『正義』は、われわれが守る」と辛辣だ。

『御用新聞』の冷やかしを受けていることから、若手記者の反旗に中堅記者の賛同も相次いだ。

文在寅政権の歯車がどんどん外れているようだ。

朝日新聞の若手記者、ハンギョレに続け!

これに関する産経新聞の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)

    中国で白血病を患う6歳の男児が、わずか2週間待ちで肺移植手術を…

  2. 人権・民主主義

    ついにドミニオンの不正が明確に! 科学的調査で証拠を完全に掴む!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

  5. 安全保障

    「黒人の命は大切」運動の創設者は共産主義者! 自ら明かす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウィ…

  6. 道理

    NHKの受信料、テレビなし世帯の負担も検討! 総務省!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!NH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    出光と東レ、世界最高レベルの次世代有機EL技術開発!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国で加速する国進民退! これにより中国経済が崩壊する!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    百度、アリババ、テンセントは「中国共産党の武器」だと、米国務省が名指しで批判! …
  5. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝…
PAGE TOP