人権・民主主義

中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット規制に対し、不満を口にした。

編集長は「海外のウェブサイトへのアクセスが非常に難しくなっている。環球時報の仕事にも影響を受けている。私は個人的に、これは度を越しているのではないかと思う」と、中国版Twitterの「微信」で述べた。

編集長はまた、「中国国民の大半が国を愛し、党を愛し、また強い政治的な分別力を持っている」とし、中国当局に対して、中国国民が海外ウェブサイトにアクセスできるような余裕を持つ必要性を訴えた。

背後には反習近平派がいて、こういう発言をしても身分保証される力関係になっていることがうかがえる。

中国共産党内の内部対立は強まっているのだろう。

これに関連する大紀元時報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国の…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察は文在寅派に屈せず、チョ・グク新法相の親族を逮捕! (朝香 豊)

    ソウル中央地検は、横領や証拠隠滅教唆などの疑いで、チョ・グク氏…

  4. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    陸自のヘリがレーザー照射される! 絶対許すな! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  4. 経済

    広西チワン族自治区に大量のバッタ発生! 中国南部地域への拡散は必至! (朝香 豊…
  5. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)
PAGE TOP