経済

韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の輸入を禁止した。

韓国のアフリカ豚コレラは北朝鮮からやってきたと見られているが、その北朝鮮のアフリカ豚コレラは恐らく中国から広がったものだろう。その点では韓国は気の毒でもある。

それはともかく、中国は韓国からの貨物や乗客の荷物の検疫を強化した。

中国はまた、違法に輸入されたブタはすべて処分すると発表したが、これは裏返せば、違法に輸入された豚肉が非常に多いということを意味する。

もともと中国でアフリカ豚コレラが発生したのは、米中貿易戦争の激化でアメリカからの豚肉輸入を止めたことが原因だ。代わりに輸入したロシアや東欧からのものの中にアフリカ豚コレラに感染していたものがあったわけだ。

こうした地域では、アメリカほど厳格な肉の管理がなされていないため、危ない肉が入ってきたわけだ。

これにより国内の養豚業が壊滅的な打撃を受けたために、豚肉価格が高騰している。前年比で70%の上昇だという。

こうなると密輸はますます儲かることになるから、税関関係者と密輸業者がグルになることによって、さらに密輸が増えていることが容易に想像できる。

ロシアや東欧からの検疫を受けない密輸豚肉がいまだに国内に持ち込まれ、これが中国でアフリカ豚コレラがなかなか収束しない原因になっている。

このことに中国の当局は気づいているのは理解できるが、脅す以外に方策が取れないところに限界がある。

これと関連するAFPBBの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている! (朝香 豊)

    これまでの韓国経済は、保守派政権が財閥企業の育成などの産業重視…

  3. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  4. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)

    日本マイクロソフトは8月に、試験的に週休3日制を実施したところ…

  5. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  6. 経済

    パンデミックで発展途上国で大量失業! 広がる貧困危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)
  2. 外交

    コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)
  3. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
  4. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)
PAGE TOP