経済

韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の輸入を禁止した。

韓国のアフリカ豚コレラは北朝鮮からやってきたと見られているが、その北朝鮮のアフリカ豚コレラは恐らく中国から広がったものだろう。その点では韓国は気の毒でもある。

それはともかく、中国は韓国からの貨物や乗客の荷物の検疫を強化した。

中国はまた、違法に輸入されたブタはすべて処分すると発表したが、これは裏返せば、違法に輸入された豚肉が非常に多いということを意味する。

もともと中国でアフリカ豚コレラが発生したのは、米中貿易戦争の激化でアメリカからの豚肉輸入を止めたことが原因だ。代わりに輸入したロシアや東欧からのものの中にアフリカ豚コレラに感染していたものがあったわけだ。

こうした地域では、アメリカほど厳格な肉の管理がなされていないため、危ない肉が入ってきたわけだ。

これにより国内の養豚業が壊滅的な打撃を受けたために、豚肉価格が高騰している。前年比で70%の上昇だという。

こうなると密輸はますます儲かることになるから、税関関係者と密輸業者がグルになることによって、さらに密輸が増えていることが容易に想像できる。

ロシアや東欧からの検疫を受けない密輸豚肉がいまだに国内に持ち込まれ、これが中国でアフリカ豚コレラがなかなか収束しない原因になっている。

このことに中国の当局は気づいているのは理解できるが、脅す以外に方策が取れないところに限界がある。

これと関連するAFPBBの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    韓国経済にデフレの波! 文政権ピンチ!(朝香 豊)

    韓国経済にデフレの浪が襲っている。国民の貧困化→販売不…

  2. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  3. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

    ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を…

  5. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)

    格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、韓国企業…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    COP25での日本非難に迎合するな! 日本ほどの環境先進国はない!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
PAGE TOP