人権・民主主義

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが香港警察の暴力を非難! 拷問といえる事例もあった! (朝香 豊)

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、抗議デモで逮捕された21人を対象に聞き取り調査を行った。

その結果、香港警察は現地の法律や国際基準で許容される範囲を超えた警察力を日常的に行使していて、「見境なく非合法な戦術を用いた憂慮すべき行動様式」が見られるとし、民主派の抗議デモ参加者に対する過度の暴力を批判した。

無抵抗でも警棒やこぶしで殴られていることを指摘し、「拷問に等しい事例も複数ある」とも述べている。

警察の暴力行為に対する独立調査は民主派の5つの要求の1つだが、アムネスティ・インターナショナルはこの要求に対しても支持を表明した。

中国の人権弾圧に対する包囲網がさらに強化されている。

これと関連するAFPBBの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!

    就任したばかりの韓国のチョ・グク法相が早速検察潰しに動いた。…

  3. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

  4. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!李文…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)
  2. 経済

    石油価格の低迷は長期化か! 貯蔵所の余裕がなくなる予想!(朝香 豊)
  3. 中国

    新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)
  4. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)
PAGE TOP