経済

人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!


中国人民銀行(中国の中央銀行)は人民元のデジタル通貨化を急ピッチで進めている。

人民元は外貨との交換が自由にはできないなど、非常に使い勝手の悪い通貨だ。人民元を自由化すると中国経済の統制が取れなくなり、破綻してしまうのが目に見えているので、自由化するということは絶対にできない。

この制約がある中でも人民元の国際化の切り札として考えられているのが、このデジタル人民元構想なのではないかと、推測している。

中国が海外のインフラ整備事業を展開する際に、中国人労働者を現地に大量に送り込むということをよくやる。この中国人労働者に給料をデジタル人民元で支払い、彼らが受け取ったデジタル人民元で中国のものを買ったり送金できたりするという仕組みにした場合に、海外においても人民元が順調に流通することになる。

派遣先の国の経済には何の貢献もしないで、人民元だけで全てを完結させる仕組みを作り上げるつもりなのだろう。

こうした仕組みをベースにしながら、その接続を中国人の外にも認めていくことによって、人民元の経済圏を広げていく構想ではないかと思う。

このデジタル通貨は2段階のシステムを採用するとしているが、この2段階システムにするとブロックチェーン技術を貫徹するのは極めて難しくなる。この中で安全性をどう担保するのかは大きな課題になる。

また、中国政府が管理する点から考えて、プライバシーが守られると考えるべきではないだろう。

以上、人民元のデジタル通貨化について否定的な見地から扱ってきたが、自らの影響力をどうすれば拡大でき、どうすれば世界覇権に近づけるかを真剣に検討している中国の強い野心には、むしろ日本は大いに見習うべきだとも思う。

これに関連するコインデスクの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  2. 経済

    20年前に接収した白人経営者の農地を返還へ! ジンバブエ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジン…

  3. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  4. 経済

    アメリカの失業申請が8週間で3650万名! すでに失業率は大恐慌超えか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国共産党が過去の裏切者の話を掲載! 中国高官の米亡命は共産党体制と習近平を揺る…
  2. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    5類への変更が決断できない岸田首相! 経口薬の特例承認もしているのに、何をためら…
  4. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    毎日新聞がれいわ新撰組の大石あきこ議員を持ち上げる記事を掲載! 疑われる中核派や…
PAGE TOP