経済

人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!


中国人民銀行(中国の中央銀行)は人民元のデジタル通貨化を急ピッチで進めている。

人民元は外貨との交換が自由にはできないなど、非常に使い勝手の悪い通貨だ。人民元を自由化すると中国経済の統制が取れなくなり、破綻してしまうのが目に見えているので、自由化するということは絶対にできない。

この制約がある中でも人民元の国際化の切り札として考えられているのが、このデジタル人民元構想なのではないかと、推測している。

中国が海外のインフラ整備事業を展開する際に、中国人労働者を現地に大量に送り込むということをよくやる。この中国人労働者に給料をデジタル人民元で支払い、彼らが受け取ったデジタル人民元で中国のものを買ったり送金できたりするという仕組みにした場合に、海外においても人民元が順調に流通することになる。

派遣先の国の経済には何の貢献もしないで、人民元だけで全てを完結させる仕組みを作り上げるつもりなのだろう。

こうした仕組みをベースにしながら、その接続を中国人の外にも認めていくことによって、人民元の経済圏を広げていく構想ではないかと思う。

このデジタル通貨は2段階のシステムを採用するとしているが、この2段階システムにするとブロックチェーン技術を貫徹するのは極めて難しくなる。この中で安全性をどう担保するのかは大きな課題になる。

また、中国政府が管理する点から考えて、プライバシーが守られると考えるべきではないだろう。

以上、人民元のデジタル通貨化について否定的な見地から扱ってきたが、自らの影響力をどうすれば拡大でき、どうすれば世界覇権に近づけるかを真剣に検討している中国の強い野心には、むしろ日本は大いに見習うべきだとも思う。

これに関連するコインデスクの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 経済

    韓国の建設会社の28%が利払い不能状態に!(朝香 豊)

    韓国の建設会社のうち、外部監査の対象となる1833社の昨年の事…

  2. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(朝香 豊)

    中国国務院は、海外投資家の誘致強化を狙って、外資投資規制を緩和…

  3. 経済

    韓国の現代自動車でも労使間の紛糾が発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
  4. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港デモ、80万人! 日本政府は意見表明を!(朝香 豊)
PAGE TOP