人権・民主主義

SNSの勝手な検閲を禁止! ポーランドで新法制定の動き!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカで起こっているSNSでの言論統制を受けて、ポーランドのズビグニエフ・ジョブロ法務大臣は、「ソーシャルメディアのユーザーは、自分たちの権利が保護されていると感じなければならない。表現に対する検閲はあり得ない。言論と討論の自由は民主主義の本質である」と強調した。

法律立案を監督するセバスティアン・カレタ副法務大臣も、巨大IT企業による蹂躙から利用者を守るための規制を設ける時が来たと宣言した。

新法が成立すると、ユーザーの権利を不当に侵害したソーシャルメディア企業に対しポーランド政府は罰則を科することができるようになる。

この法律により、ユーザーは不当な削除とアカウントの閉鎖に関して異議を申し立てる権利が与えられ、検閲に直面したユーザーは法廷で救済を求めることができるようになる。

さすが、ナチスドイツに苦しめられた国は違う。

日本でもこのような法律を作るべきではないか。

アメリカもポーランドに見習えと言いたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/01/66961.html
goolagの画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fgranitegrok.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2019%2F06%2FGoolag.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  2. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)

    アメリカのロチェスター大学のイーストマン・フィルハーモニー管弦…

  3. 道理

    関電問題の闇 元助役の森山栄治氏は大の人権活動家だった!(朝香 豊)

    今回の関西電力問題の鍵となる元高浜町助役の森山栄治氏については…

  4. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  5. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 豊)

    来年1月完成予定の北海道議会新庁舎に自民党が議員控室の喫煙所設…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香…
  2. 韓国・北朝鮮

    北朝鮮に支局の開設計画! 韓国KBS!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウイグルのジェノサイドをAP通信が詳細報道! これをツイッターは不適切判定!(朝…
  4. 道理

    疑惑噴出の一方で、チョ・グク氏人気が上昇している?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊…
PAGE TOP