人権・民主主義

ニュージーランドには謝罪しない! 韓国外交官が犯したセクハラ事件で康京和氏!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国の外交官がニュージーランドで起こしたセクハラ事件について、韓国政府の対応はあまりにトンチンカンだ。

韓国の文在寅大統領とニュージーランドのアーダーン首相との電話会談で、アーダーン首相は文在寅大統領に対して韓国政府が何度要望してもこの問題をまともに取り上げようとしないことを非難した。

ニュージーランドのアーダーン首相

韓国の康京和外交部長官(外務大臣)は、この件について「文在寅大統領が心地悪い位置にいらっしゃることになった点について恐縮している」とし、「国民にご迷惑をおかけして申し訳ない」として頭を下げた。

韓国の康京和外交部長官

他方ニュージーランドに対しては「(首脳間電話会談で)議題になってはならないものが議題になった部分があり、それについてはニュージーランドの責任が大きい」と述べて、ニュージーランドの方にむしろ問題があるとの立場に立ち、「他国に外交部長官が謝罪するのは国家の品格の問題」となるから、「今この場で謝罪することはできない」と述べた。

このバランスの悪さは一体何なのだろう。

加害者は韓国人で、被害者はニュージーランド人であるのに、謝る相手は文在寅大統領と韓国民であって、ニュージーランドではないというのだ。

韓国政府がこの問題に誠実に対応していれば、ここまで揉めることもなかったのに、問題の外交官をかばう姿勢を示して真剣に取り組まなかったことが問題を大きくした。

だが、この点の反省は今もないようだ。

この政権の人権意識のおかしさは、北朝鮮や中国の人権問題への鈍感さにも表れていたが、相当に根深いものがある。

ところで文在寅大統領って「人権派弁護士」だったのではなかったのって、訊くのも野暮だな…。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/269562
ニューズウィークからの引用画像(康京和外交部長官)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/08/newsweek_20190801_212613-thumb-720xauto-165099.jpeg
ロイターからの引用画像(アーダーン首相)
https://s2.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200519&t=2&i=1519125575&r=LYNXMPEG4I0JI&w=1280

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    SNSの勝手な検閲を禁止! ポーランドで新法制定の動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!19…

  3. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デモ隊に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  2. 道理

    日本学術会議の新メンバーの一部拒否! 菅総理!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    愛媛銀行経由で5億円超、埼玉県信用組合経由で19億円のマネロン発覚! (朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  5. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)
PAGE TOP