経済

深圳の一等地マンションが1億円の値下がり ! バブル崩壊につながるか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

深圳の一流地区のマンション価格が日本円で1億円ほど値下がりしたことが話題となっている。中国のマンション価格には、ロケーションの利便性だけでなく、その地区に一流の学校があって進学に有利かどうかということも大きな影響を受ける。この地区には「深圳実験小学校」「深圳実験中学校」という、他の学校にはない先進的な教育を実験的に行う学校があるというのが、この地区の特徴になっている。あまりにも高級地区なので「エルメス」と呼ばれることもある地区だ。ここにある127.82平米のマンションが大幅に下落したのである。

この物件はアリババ系列のオークションサイトで競売に掛けられて、2206万元(3億5000万円)で落札された。実は同様の物件は今年2月にも売買があり、その時の取引価格は2868万元(4億5000万元)だったので、662万元(1億円)の値下がりがあったということになる。この物件は差し押さえの物件であり、売り主が売り急いだという事情がある。かつて飛び降り自殺があった部屋だそうだが、但しそれも10年前の話だ。従ってそういった事情が関わっているとしても、この値下がりは衝撃である。

深圳では2月に「中古住宅取引の参考価格公表メカニズム」制度が発表され、不動産価格を強力に抑制する策が実施された。これはそれぞれのマンションについて売買の「参考価格」を政府が決定することで、不動産価格を強引に抑え込もうという政策だ。この政策が実施されてから、中古マンションの売買はほとんど動いていない。値下げをしないと売れないのであれば、手放さない人ばかりだからだ。2月に売買された類似物件は恐らくこの参考価格公表メカニズムの発表前に取引が行われたものだと思われる。

さて、深圳市人民代表大会は4月下旬に、陳如桂深圳市長の辞任申し出を認めると発表した。自ら辞任するという形式ではあるが、事実上の更迭であるのは間違いない。「家は住むもので投機対象ではない、とする政府方針を守れなかったことが要因」だとされる。つまり、投機的需要によって住宅価格が高騰することを容認したとされ、その責任を問われた形になっているわけだ。

中国ではマンションを購入すると、収入の7割がローンに消え、残りのわずかな収入で生活しなければならなくなると言われている。こんな中では子供を生んで育てるどころの話ではなくなる。不動産価格の高騰が少子化に拍車をかける原因になっていることに、習近平政権は焦りを感じているところもあるのだろう。

こうした強力な価格抑制策が行き過ぎた価格上昇を抑えるだけでとどまるのか、それともバブル崩壊の引き金を引くことになるのかは紙一重の話である。今後の展開は要注目である。

ぜひお読みください!


  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.163.comの記事
https://www.163.com/dy/article/GAR3J4TE0519D3BI.html?f=post2020_dy_recommends
www.sohu.comの記事
https://www.sohu.com/a/468345063_121124320?spm=smpc.author.fd-d.14.1621814400032Zw5NOp7
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM122IP0S1A510C2000000/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5861
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5843
深圳国城花园(マンション)の画像
https://x0.ifengimg.com/ucms/2021_14/2664E719623650F7607DCA678726386D233A6684_size72_w480_h640.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

  3. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンが裏切り! バイデン一家はこれで終了!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  6. 人権・民主主義

    楽しみにする声は17%のみ! ターニングポイントになる北京五輪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!毎日…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国、チェコを脅迫! 台湾訪問団を取りやめろ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    台湾の実業家が中国で拘束! 台湾の民進党は、香港と中国への渡航自粛を勧告! (朝…
  5. 人権・民主主義

    「価値観の多様化」の矛盾! 特定の価値観の排除!(朝香 豊)
PAGE TOP