人権・民主主義

『緑なき島』の映像をめぐり、NHK前田会長がありえないすり替え ! これ以上しらを切るならNHKを潰すべきだ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

昭和30年放送のNHK『緑なき島』は、端島炭坑(軍艦島)の姿を伝える映像だとされているが、この映像の中には端島炭坑のものでは明らかにない映像が使われていることが明らかになっている。

元端島島民からなる「真実の歴史を追求する端島島民の会」は、令和2年11月にNHKに対して「抗議書 兼 要求書」を提出した。この中で元端島島民たちはこの映像がいかに端島炭鉱の過去の姿と違ったもので、端島に対するいわれなき負のイメージを醸成して既成事実化するものであるかを訴えている。そのうえで徹底した調査と事実の公表、世界に向けた訂正報道、誤った映像の回収などを要求している。

映像では上半身裸のふんどし一丁の姿で坑内に入り、這いつくばるようにして炭鉱で作業をし、ツルハシで採掘した石炭は木箱に入れて人力で押し出していた。だが端島では鉱員たちは作業着に身を包んでいたし、坑道の高さは概ね2メートル以上あり、低いところでも150センチはあったから、這いつくばるようにして坑内で作業することはありえなかった。端島炭鉱は大型の炭坑で、様々な機械化が進んでいて、ツルハシなどは使うことはなく、地下600メートルまで降りるエレベーターまであった。石炭を積む炭車がずっと奥まで入っていて、それを使って石炭を外に運んでいた。

映像では坑内に裸電球が使われ、これだけが灯りとして利用されていたが、端島炭鉱のような大きな炭坑で裸電球を使用すればガス爆発を起こす危険があるから、裸電球を使用することはありえなかった。端島では「定着安全電燈」というガス爆発を起こさない電燈を使用していたし、キャップランプ付きのヘルメットは必須であった。端島炭鉱の保安規定にはキャップランプの着用は義務付けられている。だからどう見てもこの映像は端島炭鉱ではないのは明らかなのである。

そしてどうやら映像に利用された炭鉱が筑豊炭田の小ヤマと呼ばれる小規模な炭坑で撮影されたものではないかということもわかってきた。しかも映っている炭鉱夫の顔などが石炭で汚れたりしておらず、腕時計をしていることもあることから、エキストラを集めてのヤラセの撮影ではないかという疑いまで持たれている。

ところがNHKは社内調査の結果として別の炭鉱で撮影された映像が使用されたという事実は確認されなかったことを理由に、「端島における取材に基づき制作・放送されたもの」だという結論は変わらないとしているのだ。

NHKは「放送ガイドライン」で、「不偏不党の立場」に立ち、「正確で公平・公正な情報」を提供することを謳っている。そして「取材や制作のあらゆる段階で真実に迫ろうとする姿勢」が求められること、「番組の狙いを強調するあまり事実をわい曲してはならない」こと、「事実関係の誤りが明らかになった場合には、速やかに訂正する」こと、「事実と意見は区別されるべきこと」などを謳っている。建前として述べているきれいごとと現実との落差はあまりにも大きい。

問題は、NHKが端島炭鉱のものであると主張するこの映像が、韓国の国立日帝強制動員歴史館で、軍艦島が地獄島だった証拠だとしてプロパガンダに利用されていることだ。この件について国会で答弁に立ったNHKの前田晃伸会長は、「緑なき島の映像は韓国の法律上では著作権保護期間が2005年に満了しており、NHKの著作権が主張できない可能性が高い」との主張を行った。NHKの著作権は切れているから、韓国がこの映像をどのように使っていても、NHKとしては対処のしようがないというわけである。この問題に関して当事者として積極的に解決に向けて動く姿勢を全く見せていないところに、NHKの本質的姿勢が見える。

NHKは日本の近代化に果たした人々をどれほどおとしめようとも、全く気にならないのであろう。近代日本を「批判」的に描くことが優先され、その目的に資するのであれば、多少の事実の誇張があっても構わないと考えているのであろう。このような見方をされることをNHKが心外だと思うのであれば、NHKは問題の映像が虚偽映像であったことを素直に認めるとともに、これを利用して悪意あるプロパガンダを行っている韓国政府に対しても、映像の使用中止を求めるべきである。

そしてこの問題に誠実に取り組まないNHKに対しては、この問題を放置していてはNHKは潰れることになると、菅政権は伝えるべきではないだろうか。徹底した調査と再発防止策を取らない限り、NHKは直ちに停波されるべきである。

事実関係を明確に伝えるならば、国民はNHKを停波処分にしたところで、これを権力による横暴だとは思わないであろう。むしろここまでいい加減なことを放置しても許される状況こそが問題であると考えるのではないか。そしてこうした処分を行えば、同じように放送法に違反して真実に関していい加減な報道を行っている民放各局に対しても、適正な緊張感が生まれることは間違いない。そしてそれは日本のマスメディアの横暴を抑止し、言論空間を正常化させるのに大いに貢献するはずだ。菅政権には一歩踏み出す勇気を示してもらいたい。

なお、この記事の下に、軍艦島に関するとても重要な2つの動画を貼り付けておいた。ぜひご覧頂きたい。

「NHK『緑なき島』の捏造隠蔽を絶対に許さない」の動画

「“負の遺産”軍艦島はNHKの捏造から始まった」の動画

  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

sn-jp.comの記事
https://sn-jp.com/archives/40645
NHK前田会長の画像
https://president.ismcdn.jp/mwimgs/0/8/670/img_08ce4476e03a4d88a5edae4c81290702762081.jpg
緑なき島の画像
https://pbs.twimg.com/media/EnPrnaZUcAEcgp4.jpg:large
緑なき島の画像
https://www.nhk.or.jp/archives/nhk-archives/pic/2015/150823_shosai1-1.jpg
/nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/647

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)

    中国政府に9月から拘束されていた岩谷將・北海道大学法学研究科教…

  2. 人権・民主主義

    言論封殺のGoogle・Facebook・Twitter! 皮肉デザイン秀逸!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「グ…

  3. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立とう!(朝香 豊)

    韓国労働組合の二大全国組織が、韓国の最高裁での「強制徴用」判決…

  5. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  2. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国本土の大学生の中でも、香港にエールを送る学生が多数登場!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)
  5. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)…
PAGE TOP