道理

違法な臓器移植はNO! フランス議会で大きな動き!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の違法な臓器移植問題に、フランス議会が動いた。

フランスの65人の国会議員は、強制的な臓器摘出、違法な人身売買および臓器売買を防ぐための法律改正案を議会に提出したのである。

フランスの個人や医療・研究機関が臓器移植の倫理を尊重していない海外の機関と関わることができないように、この面での透明性をフランス政府に求める内容となっている。

さらに国外の組織が臓器移植の倫理を尊重し、透明性を確保していることの確認ができない場合には、協力関係を停止し、制裁措置を講じることも規定している。

中国で行われている違法な臓器提供にフランス人やフランスの医療機関・企業が関わることがないようにすることが目的であるのは明らかだ。

今回の法改正の提案理由には、「中国当局はフランスや国際的な道徳的価値観とはかけ離れている。人権と自由の侵害は『良心の囚人』だけでなく、中国国民全体に向けられている」とし、中国を名指しして指摘している。

従来フランスは中国と医療分野で深い関係を築き、例の武漢ウイルス研究所もフランスとの協力関係で築かれたものだ。

フランスがこの立場を捨てる方向に動いているのは、異形の大国である中国との決別を意識していることは間違いないだろう。

世界は脱中国に向かって動いている。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/62853.html
AZ Big Mediaからの引用画像(臓器移植)
https://azbigmedia.com/wp-content/uploads/2019/04/organ-harvesting.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  2. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  3. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!

    韓国検察はチョ・グク氏の妻を在宅起訴した。娘の総長…

  4. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    米下院でウイグル人権法案可決!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)
PAGE TOP