経済

迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

落ち込んだ観光業の立て直しを図るための「GoToキャンペーン」には、「感染拡大なら政府の人災」との批判まで飛び出し、東京発着は認めないなどの迷走が起こっている。

「GoToキャンペーンは時期尚早」という意見も飛び交っているが、旅行業界からすれば稼ぎ時になる夏休みにこの「GoToキャンペーン」を持ってきてもらわないとやっていけないという事情もある。

さて、観光庁は7月17日に「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」の「令和2年5月分」を公表した。

これによると、旅行会社の海外旅行の取扱額は、昨年1300億円だったのが今年は13億円余りと、たった1%となった。つまり99%減である。

国内旅行の取扱額も、昨年2424億円だったのが今年は82億円となり、前年比でわずか3.4%となった。つまり96.6%減である。

旅行会社の企画旅行では、海外は前年比0.04%、国内は1.0%となっている。

コロナ感染を大騒ぎする中で、観光業・旅行業の受けているダメージの甚大さは無視すべきではないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の観光庁のプレスリリース
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001354444.pdf
Pixabayからの引用画像(雷門)
https://pixabay.com/ja/photos/東京-浅草-雷門ゲート-2443311/
Value Managementからの引用画像(観光庁のロゴ)
https://www.vmc.co.jp/wp2/wp-content/uploads/2017/10/a26687bf632baa3f43afbfcfb3b5f7f4.jpgFOREIGN202007151536000572410836700.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  2. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 経済

    英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

  5. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  6. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    真水で10兆円の補正予算か! 国債は3年ぶりに増発へ! (朝香 豊)
  2. 未分類

    新型コロナウイルスで大打撃を受ける韓国産業!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(…
  5. 未分類

    中共系のフェニックステレビのプロパガンダをやめさせる法案準備! アメリカで! (…
PAGE TOP