安全保障

バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

バイデンが副大統領にいた時に、外国企業や外国政府との関係を使ってバイデン一家が儲かるように仕組んでいたことを暴くレポートの第3弾が、米上院の国土安全保障・政府関係委員会から発表された。

このレポートのタイトルは「ハンター・バイデンとブリスマと腐敗:アメリカの政策への影響とそれに関連する懸念」だ。

ハンター・バイデンがウクライナのガス企業の「ブリスマ」の役員に名を連ねていたことによって、オバマ政権のウクライナ政策が影響を受けたのではないか、またバイデンの家族が副大統領だったバイデンとの関わりから不適切な利益を求めていたのではないかとの疑いを扱っている。

バイデンはトランプ大統領との第2回のテレビ討論会において、息子のハンター・バイデンが前モスクワ市長の妻から数百万ドルを受け取っていたとの話をデマだとしていたが、今回のレポートではハンター・バイデンに対して前モスクワ市長の妻であるエレナ・バツリナから350万ドルの電信での振込があったことを記述している。

また、この報告者は息子のハンター・バイデンや弟のジェームズ・バイデンを通じて、バイデン一家の中での関係が中国共産党と深く繋がっていることを明らかにした。

ハンター・バイデンとそのビジネスパートナーであるデボン・アーチャーが、中国共産党政府と深い関係を持つ中国人との数多くの金融取引に携わってきたことについても詳述している。

独立系のジャーナリストであるカイル・ベッカー氏は、このレポートで示された人的なつながりやその中で動いた莫大な資金は、利益相反の問題を提起するだけでなく、マネーロンダリングや防諜上の問題も生み出すものだとツイートした。

ケン・バック下院議員はハンター・バイデンの海外ビジネスの取引や彼のハードディスクに見つかった有罪の疑いを抱かせるコンテンツについて、特別検察官を指名するようにバー司法長官に求めた。

今更ながらだが、こんな疑惑のデパートのような人物をアメリカの大統領にするのは絶対に阻止しなければならない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のheadlines360の記事
https://headlines360.news/2020/12/09/the-senate-releases-the-report-on-hunter-biden-burisma-and-corruption/
Stripesからの引用画像(ジョー・バイデンとハンター・バイデン)
https://www.stripes.com/polopoly_fs/1.648844.1602865459!/image/image.jpg_gen/derivatives/landscape_900/image.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 中国

    中国で焚書が進んでいる! こっそりやれとの指示も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)

    ベトナム戦争の時に韓国軍が民間人虐殺を行ったとされる問題では、…

  3. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    トランプ当選は神の意志! 敗北は絶対ない!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「公共のメディア」のはずのChoose Life Projectに立憲民主党が1…
  4. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊…
  5. 人権・民主主義

    黒人犯殺害で、アトランタ警察署長辞任! 「黒人の命」より「警察解体」!(朝香 豊…
PAGE TOP