安全保障

羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通報があった。

ターミナルビルからも同様の報告がなされた。

事態を受けて、国内線旅客ターミナルの全域で6日午前9時ごろから給水を停止することとなった。

復旧に丸2日かかったところもあり、飲食店が閉鎖に追い込まれるなど、大きな混乱が生じた。

東京都水道局が管理する水道管からは塩分の検出はなく、空港敷地内で混入が起きたのは確実だ。

報道によると、第三者による混入の可能性は低いとされているが、そんなわけはないだろう。

人為的に混入させないで混入が起きたと考えるほうが遥かに不自然だ。

さて、ドローンの目撃により関西空港での飛行機の離発着に大きな影響が出る事態は、先月から3回目になった。

伊丹空港や中部国際空港に行き先が変更になった便も出た。

こうした事件が起こっていることに対して、わたしたちは思考停止すべきではない。

これまで日本社会は性善説で動いてきた。

法の制定や運用だけでなく、現場の管理体制も、性善説で考えられてきた。

だが、こうしたあり方も抜本的に改めなければならない時期が来ているのではないだろうか。

こうした不可解な事件が、テロの事前演習として行われている可能性は否定できない。

というより、その可能性こそが最大だろう。

空港の給水に混入したのが青酸カリだったらどうなったのだろうか。

日本の主要空港で一斉にドローンを飛ばしたらどうなるのだろうか。

今の時代なら、遠隔操作で数百キロ離れたところからドローンを飛ばすこともできるのだ。

悪意をもってちょっと操作するだけで、日本中をパニックにできることについて、わたしたちは真剣に考えるべきではないだろうか。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/economy/news/191109/ecn1911090004-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 安全保障

    転覆したはずの北朝鮮漁船はどこに?(朝香 豊)

    日本の排他的経済水域(EEZ)内の「大和堆」周辺で、北朝鮮の漁…

  2. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    「感染経路が見えなくなってきた」…加藤厚労大臣! 遅いんだよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  5. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  6. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)…
  2. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香…
  3. 安全保障

    大和堆で中国漁船の操業増加! 日本漁船が締め出される!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
PAGE TOP