人権・民主主義

香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)

返還前から香港に住んでいた人たちには、BNOと呼ばれる英国の二級旅券が与えられていた。

この旅券は海外旅行などには便利ではあるが、英国での居住や就職は認められていない。つまり、この旅券の保持者には英国の旅券は保持していても、英国の市民権はないという扱いだった。

香港の今の状況を見て、イギリス保守党の重鎮がBNO保持者に完全な英国の市民権を与えなかったのは「歴史的な過ち」だとし、これを正すことをボリス・ジョンソン首相に求めた。

つまり、BNO保持者には完全な英国の市民権を与えるように求めたわけだ。

英議会は12月12日に総選挙を迎えることになるので、その選挙戦術としても、目玉政策としてこの処置を入れることは有効だと考えられている。

これが保守党の公約になれば、保守党の勢いをさらに強めることになることが期待できる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事https://www.scmp.com/news/hong-kong/article/3038845/make-bno-hongkongers-full-british-citizens-boris-johnson-urged-top

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)

    中国において教会は、中国共産党の指導によって、キリスト教の教え…

  2. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    中国、チェコを脅迫! 台湾訪問団を取りやめろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!チェ…

  4. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  5. 人権・民主主義

    ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

    ジョン・レノンの息子のショーン・レノンが、旭日旗を巡って韓国人…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国検察が国務総理室を家宅捜索! 大統領府の市長選介入疑惑で!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)
PAGE TOP