人権・民主主義

香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)

返還前から香港に住んでいた人たちには、BNOと呼ばれる英国の二級旅券が与えられていた。

この旅券は海外旅行などには便利ではあるが、英国での居住や就職は認められていない。つまり、この旅券の保持者には英国の旅券は保持していても、英国の市民権はないという扱いだった。

香港の今の状況を見て、イギリス保守党の重鎮がBNO保持者に完全な英国の市民権を与えなかったのは「歴史的な過ち」だとし、これを正すことをボリス・ジョンソン首相に求めた。

つまり、BNO保持者には完全な英国の市民権を与えるように求めたわけだ。

英議会は12月12日に総選挙を迎えることになるので、その選挙戦術としても、目玉政策としてこの処置を入れることは有効だと考えられている。

これが保守党の公約になれば、保守党の勢いをさらに強めることになることが期待できる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事https://www.scmp.com/news/hong-kong/article/3038845/make-bno-hongkongers-full-british-citizens-boris-johnson-urged-top

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  2. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)

    米下院は、10月15日に一度可決していた香港人権民主主義法案を…

  3. 人権・民主主義

    韓国で再び大統領の弾劾はあるのか? 弾劾の請願が140万人突破!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 人権・民主主義

    国連人権理事会がアメリカを非難! 中国提案の決議は採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  5. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

    香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)
  2. 道理

    数万ドルの献金で麻薬犯でも赦免! 北朝鮮!(朝香 豊)
  3. 経済

    サンダースの危険性! 過小評価するな!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国国防長官室への大量ハッキング事件は、北朝鮮のハッカー集団「アンダリエル」の犯…
  5. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
PAGE TOP