人権・民主主義

「五毛党」の給料が「8毛」に上昇! 「五毛党」が働く事務所の動画が公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「五毛党」の正式名は網路評論員(「インターネットコメンテーター」のような意味)で、中国共産党の意向に従ったインターネット世論の誘導を行う工作員の集団のことである。

通常は一般人を装い、インターネット上のコメントを監視しながら、中国共産党政権に有利な書き込みや摘発などを行い、また共産党を批判する人に対しては集団攻撃を行うこともある。

「五毛党」は1000万人を超える規模となっており、中国政府が世論操作のために投稿させている「やらせ書き込み」は、年間5億件ほどになるらしい。

書き込み1件あたり5毛(0.5元)が支払われていたことから、このように呼ばれるようになった。

なお2020年に入ってから、1件の書き込みに対し0.8元(約12円)になったそうだ。

「五毛党」は自室で孤独に作業を行なっているのかなと勝手に思っていたが、そういうものでは実はなく、事務所に「出勤」して、まさに「仕事」として書き込みを行なっているようだ。

各人は30台ほどのスマホが一覧できるデスクに座り、要注目の個人やグループチャットの動向を極力見逃さないようにしている。

この様子を写したYouTubeを見つけたので、ブログの下の方に貼り付けておく。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府のネット監視を伝える動画

画像はYoutubeのサムネイルを引用
https://i0.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/04/2020-4-21_NetWatcher.jpg?resize=600%2C315&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ソウル…

  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!方方…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港で天安門事件追悼が平穏に開かれた! だが嵐の前の静けさにすぎない!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)
  4. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)
PAGE TOP