人権・民主主義

「五毛党」の給料が「8毛」に上昇! 「五毛党」が働く事務所の動画が公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「五毛党」の正式名は網路評論員(「インターネットコメンテーター」のような意味)で、中国共産党の意向に従ったインターネット世論の誘導を行う工作員の集団のことである。

通常は一般人を装い、インターネット上のコメントを監視しながら、中国共産党政権に有利な書き込みや摘発などを行い、また共産党を批判する人に対しては集団攻撃を行うこともある。

「五毛党」は1000万人を超える規模となっており、中国政府が世論操作のために投稿させている「やらせ書き込み」は、年間5億件ほどになるらしい。

書き込み1件あたり5毛(0.5元)が支払われていたことから、このように呼ばれるようになった。

なお2020年に入ってから、1件の書き込みに対し0.8元(約12円)になったそうだ。

「五毛党」は自室で孤独に作業を行なっているのかなと勝手に思っていたが、そういうものでは実はなく、事務所に「出勤」して、まさに「仕事」として書き込みを行なっているようだ。

各人は30台ほどのスマホが一覧できるデスクに座り、要注目の個人やグループチャットの動向を極力見逃さないようにしている。

この様子を写したYouTubeを見つけたので、ブログの下の方に貼り付けておく。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府のネット監視を伝える動画

画像はYoutubeのサムネイルを引用
https://i0.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/04/2020-4-21_NetWatcher.jpg?resize=600%2C315&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 人権・民主主義

    不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  5. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国の親…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  2. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)
  3. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
PAGE TOP