人権・民主主義

「五毛党」の給料が「8毛」に上昇! 「五毛党」が働く事務所の動画が公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「五毛党」の正式名は網路評論員(「インターネットコメンテーター」のような意味)で、中国共産党の意向に従ったインターネット世論の誘導を行う工作員の集団のことである。

通常は一般人を装い、インターネット上のコメントを監視しながら、中国共産党政権に有利な書き込みや摘発などを行い、また共産党を批判する人に対しては集団攻撃を行うこともある。

「五毛党」は1000万人を超える規模となっており、中国政府が世論操作のために投稿させている「やらせ書き込み」は、年間5億件ほどになるらしい。

書き込み1件あたり5毛(0.5元)が支払われていたことから、このように呼ばれるようになった。

なお2020年に入ってから、1件の書き込みに対し0.8元(約12円)になったそうだ。

「五毛党」は自室で孤独に作業を行なっているのかなと勝手に思っていたが、そういうものでは実はなく、事務所に「出勤」して、まさに「仕事」として書き込みを行なっているようだ。

各人は30台ほどのスマホが一覧できるデスクに座り、要注目の個人やグループチャットの動向を極力見逃さないようにしている。

この様子を写したYouTubeを見つけたので、ブログの下の方に貼り付けておく。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府のネット監視を伝える動画

画像はYoutubeのサムネイルを引用
https://i0.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/04/2020-4-21_NetWatcher.jpg?resize=600%2C315&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    トランプの不当圧力記事は誤報! ワシントン・ポストが訂正記事!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)

    香港で若者に警察官が至近距離から発砲し、肝臓と腎臓が破裂する大…

  5. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国人少女がなんとタピオカの飲み過ぎで入院! (朝香 豊)
  2. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 …
  4. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    TSMC議論での深田萌絵氏に対する反論! (朝香 豊)
PAGE TOP