人権・民主主義

「五毛党」の給料が「8毛」に上昇! 「五毛党」が働く事務所の動画が公開!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「五毛党」の正式名は網路評論員(「インターネットコメンテーター」のような意味)で、中国共産党の意向に従ったインターネット世論の誘導を行う工作員の集団のことである。

通常は一般人を装い、インターネット上のコメントを監視しながら、中国共産党政権に有利な書き込みや摘発などを行い、また共産党を批判する人に対しては集団攻撃を行うこともある。

「五毛党」は1000万人を超える規模となっており、中国政府が世論操作のために投稿させている「やらせ書き込み」は、年間5億件ほどになるらしい。

書き込み1件あたり5毛(0.5元)が支払われていたことから、このように呼ばれるようになった。

なお2020年に入ってから、1件の書き込みに対し0.8元(約12円)になったそうだ。

「五毛党」は自室で孤独に作業を行なっているのかなと勝手に思っていたが、そういうものでは実はなく、事務所に「出勤」して、まさに「仕事」として書き込みを行なっているようだ。

各人は30台ほどのスマホが一覧できるデスクに座り、要注目の個人やグループチャットの動向を極力見逃さないようにしている。

この様子を写したYouTubeを見つけたので、ブログの下の方に貼り付けておく。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府のネット監視を伝える動画

画像はYoutubeのサムネイルを引用
https://i0.wp.com/www.visiontimesjp.com/wp-content/uploads/2020/04/2020-4-21_NetWatcher.jpg?resize=600%2C315&ssl=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!様々…

  2. 経済

    国内企業物価指数が急上昇! 世界に広がるインフレの波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  4. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)

    香港中文大学で校長と学生との公開対話が行われた。この席…

  6. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    民主党の運動員が市の選挙事務を掌握していた! ウィスコンシン州!(朝香 豊)
  2. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)
  3. 経済

    欧州中央銀行のドラギ総裁が、積極財政に言及!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
PAGE TOP