経済

外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

休業の協力要請に応じない事業者への対応に関して、西村経済再生担当大臣は、知事がより強い措置をとる際の手続きを定めたガイドラインを公表した。

これにより、接触機会の8割削減に向けて、知事が適切に判断できるよう支援していくとし、具体的には通常の休業要請に正当な理由なく応じない施設の名前や所在地などを広く「公表」するとしている。

こうした社会的制裁を加えることで、「要請」にすぎないものを「命令」に近い効力を持つものに変えようとしているが、あくまでも「要請」でしかないから、真っ当な休業補償はしないつもりということなのだろう。

店を開かないと倒産してしまうというのは、正当な理由だとは見なされないようだ。

一方、東京都も、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、4月25日から5月6日の間、都立公園の駐車場や遊具広場を閉鎖すると発表した。

さて、政府の発想も東京都の発想も、行ける場所をどんどんなくして、家におとなしくいるようにさせたいということなのだろうが、このようなモグラ叩きのようなことをやって本当にうまく行くのだろうか。

行ける場所をどんどん制限すれば、却って人は限られた場所に集まることになる。

しかもその限られた場所も、営業時間を短縮するようなことをやっている。

となれば、単位時間あたりの密度は、どうしても上がらざるをえない。

そのための入場制限も考えられているが、それは本当に問題解決につながる方策なのだろうか。

一日中おとなしく家にいることは、一部の理性の強い人には問題なくできることかもしれないが、これを国民全体に一律に求めることには、自ずと限界がある。

ましてや、動き回りたい衝動を持った子供たちに、これがどれほど過酷な処置なのかも想像してもらいたい。

友達と遊ぶどころか、会うことさえできないのだ。

このような不自然なことを求めるだけでなく、その規制をさらに強化することは、本当に唯一の解答であるのか。

自粛処置の強化によって、経営がたちいかない商売が続出しているのは言わずもがなだ。

コロナで亡くなるのはどうしても減らしたいが、経済的に生きていけなくなって首を吊るのは構わないというわけではあるまい。

1ヶ月我慢しさえすれば、全てが終わるというのであれば、強権的に我慢させることも仕方ないだろう。

だが、現段階では終わりが見通せないのだ。

一旦感染が収まってきても、規制を緩めればまた急拡大することになる。

この前提でどう発想するかということを述べても、「人の命よりも経済の方が大切だという考えなのね」と言われてしまう。

私の考えが理解されないことは理解しているが、いまの路線で本当にいいのかという問いかけは、各人に本当に持ってもらいたいと思っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の時事通信の記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042300850&g=pol
これのネタ元の朝日新聞の記事
https://www.asahi.com/articles/ASN4R66VHN4RUTIL03W.html
画像は新幹線格安.jpのページから
https://新幹線格安.jp/kuuseki/
https://新幹線格安.jp/wp-content/uploads/2017/12/42cd086d5ef156ceaaf995b8233127f5_s.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行❗このこ…

  2. 人権・民主主義

    「不正選挙に抗議するグループ」を削除! フェイスブック!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    中国はアメリカに報復する! ファーウェイが脅す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)

    デンマーク最大のダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発…

  5. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  6. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝…
  3. 道理

    自動ブレーキなどが搭載された「安全運転サポート車」の購入を政府が支援!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)
PAGE TOP