人権・民主主義

ウイグルでのジェノサイドの実態! オーストラリア戦略政策研究所が公表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウイグルでのジェノサイドが問題になっている中で、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)が新たな証拠を見つけ出した。中国政府が3月に公表したデータに基づき、ウイグルでの出生率が2017年から2019年にかけてというごく短期間にほぼ半減していること(48.74%のマイナス)を明らかにしたのである。この落ち込みは1975年から1979年の4年間でのカンボジアのポルポト政権時の落ち込みの2倍以上に相当するという。つまり、残虐ぶりで世界的に知られるようになったポルポト政権が4年かけて落ち込ませた出生率の低下の2倍以上の落ち込みを、半分の期間の2年で達成していることになる。このあり方は中国も署名している「ジェノサイド犯罪の防止と処罰に関する条約」(ジェノサイド条約)にも違反するものだとしている。

ウイグルでは「穏当なレベルにまで出生率を引き下げて安定させる」との目的から「違法出産」に対して「強く対処する」キャンペーンが行われた。未だに漢民族の比重の小さいウイグルの南部地域では特に厳しく、人口1000人あたりの出生率を少なくとも4人分引き下げることが目指された。出生率を88.6%減らすことが目標とされた地域もある。「違法出産」の情報提供に対して500人民元(8000円)の報酬を与えるホットラインを用意した地域もある。南部の4つの県では出生率は平均で2018年に35.7%のマイナス、2019年には56.6%のマイナスとなっている。こうした出生抑制策と同時に、漢民族の入植を強力に推し進める政策も実行されている。移住者には土地と仕事が与えられるだけでなく、引っ越しに要する費用を負担せずにすみ、医療費は無料で、教育給付や住宅扶助も与えられる。2万人民元(36万円)のボーナス特典もある。子供や親も引き連れて移住すると、さらに2万人民元のボーナスがもらえる。

こうした政策目標を実現するために、巨額の罰金を科したり、懲戒処分を下したり、法定手続きによらずに強制収容所に入れたり、強制収容所に入れるぞと脅したりといった様々な手段が使われてきた。妊娠可能な年齢の女性たちのもとには毎月訪問があり、3ヶ月に1度は妊娠検査がある。こうして妊娠初期の女性を見つけ出して堕胎させることも行われている。妊娠可能な年齢の女性たちに卵管結紮手術を行ったり、避妊リングを装着させたりといったことも行われている。

こうしたあり方は中国の他の地域では一人っ子政策の放棄によって、出産規制が緩められているのとは全く真逆の動きだ。中国の中央銀行である中国人民銀行は、先進国の少子高齢化が深刻な問題を引き起こしてきたことを指摘しながら、中国はこうした先進国よりもさらに厳しい状況に陥る見通しにあることを率直に指摘し、一家族あたり最低3人の子供を産ませることを目標に、強力な出産奨励策を実施する必要性を訴えているのとは正反対である。

こうした事実を突きつけられると、ウイグルでの人口抑制策が我々の想像を絶するレベルにあることが理解できるであろう。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ASPIのレポート
https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/ad-aspi/2021-05/Family%20deplanning%20v2.pdf?IO4rxtbW_Up5C6usSJ4EpMFHm6khL7uF
www.reuters.comの記事
https://www.reuters.com/world/china/china-uses-coercive-policies-xinjiang-drive-down-uyghur-birth-rates-think-tank-2021-05-13/
ウイグルの子どもたちの画像
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/776C/production/_107727503_comp_morekids.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!朝日…

  2. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  3. 人権・民主主義

    英テスコ、中国工場の稼働を一時停止! 受刑者の強制労働の疑いで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!イギリ…

  4. 安全保障

    中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)
  4. 外交

    金正恩が文在寅の招待を拒否! 釜山で行われるASEANの会合 (朝香 豊)
  5. 道理

    パウエル弁護士、放逐! これについての自分の推測!(朝香 豊)
PAGE TOP