外交

安倍総理、中国の李克強首相と濃密な時間! 習近平国賓来日の外堀が埋まる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

安倍総理は、中国の李克強首相の案内でユネスコ世界遺産である四川省の「都江堰」を視察した。

李克強首相が、「都江堰を案内するのは私の『おもてなし』だ」と声を掛けたのに対して、安倍総理は「視察の同行、昼食会への招待など温かく行き届いたおもてなしに心から感謝する」と応えた。

こうした時間を利用して、二人は4時間に及ぶ会話を交わした。

実に危険である。

習近平国家主席の国賓来日の外堀が、こういう機会を利用して埋められていることに、安倍総理は気付いていないのだろうか。

あるいは、我が国が最も大切にすべき同盟国であるアメリカには、裏切り行為のように見える懸念を持っていないのであろうか。

安倍総理は習近平国家主席の一帯一路構想に理解を示し、協力を約束している。

それが自らが提唱したインド太平洋構想と本質的に矛盾することにさえ気がついていない様子である。

我々は、習近平国家主席の国賓来日に反対する動きを、徹底して強めていかなくてはならない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/30/2019123080016_2.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    ハイチ大統領の殺害! 真の黒幕は中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  2. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  4. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デモ隊に…

  5. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国がまたまた検事の大異動を発表! 政権疑惑潰しをさらに進める!(朝香 豊)
  2. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香…
  3. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)
  5. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)
PAGE TOP