安全保障

神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

三菱電機、NECに続いて、神戸鋼でも情報流出があったことが発覚した。

防衛省の指定した秘密等の情報はなかったとされているが、ログファイルの書き換えによって、痕跡が消されていた可能性もある。

三菱電機の漏洩も、人事系の情報だけで、機密情報は漏れていないとされているが、これにしても、ログファイルの書き換えによって、痕跡が消されていただけかもしれない。

なお、人事系の情報でも、高度な技術者をスカウトするのにも使えるから、決して見過ごせるものではない。

NECについては、漏洩情報すら曖昧だ。

「2万8000件のファイルが流出した可能性がある」としながらも、「情報流出などの被害は確認されていない」とも言っているが、「潜水艦用センサーの情報といった自衛隊装備の資料も含まれていた」といった報道もあった。

さて、相次ぐ不正アクセスによる情報流出に対して、日本側の対応は後手に回っているのは否めない。

こうした不正アクセスを防ぐための法律として、「不正アクセス禁止法」があるが、現在の法律では、たとえ捜査機関であっても、国外のサーバーへのアクセスが禁じられている。

当然だが、国外からのサイバー攻撃の犯人を突き止めるためには、国外のサーバーへのアクセスは絶対に必要だ。

攻撃を仕掛けてくる国外のサーバに逆にサイバー攻撃を仕掛けたり、何らかの細工を施したりして、相手側の動きを理解しようとすることもできない。

世界中のハッカーが巣食うダークウェブなどに自動検知プログラムなどを仕掛けて、その動きを監視し、ハッカーの世界の最新の技術情報を集めることもできないわけだ。

これらの対応は、明らかに「犯罪的」な側面もある。

だが、これを認めないと、常に世界の最先端のやり方に対して遅れを取ることになり、大切な情報をまもることができなくなるわけだ。

性善説だけではうまくいかなくなっている現実への対応を、真剣に考えるべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/kobe-steel-idJPKBN200110

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!レコ…

  2. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  3. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

  4. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!広東…

  5. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)
  2. 未分類

    邦人が帰国でトラブル! 原因は厚労省のガラパゴス対応!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)
  4. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    韓国の「市民」団体が過去の南北対立時代の悲劇で米国を非難! アメリカに対するケン…
PAGE TOP