安全保障

神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

三菱電機、NECに続いて、神戸鋼でも情報流出があったことが発覚した。

防衛省の指定した秘密等の情報はなかったとされているが、ログファイルの書き換えによって、痕跡が消されていた可能性もある。

三菱電機の漏洩も、人事系の情報だけで、機密情報は漏れていないとされているが、これにしても、ログファイルの書き換えによって、痕跡が消されていただけかもしれない。

なお、人事系の情報でも、高度な技術者をスカウトするのにも使えるから、決して見過ごせるものではない。

NECについては、漏洩情報すら曖昧だ。

「2万8000件のファイルが流出した可能性がある」としながらも、「情報流出などの被害は確認されていない」とも言っているが、「潜水艦用センサーの情報といった自衛隊装備の資料も含まれていた」といった報道もあった。

さて、相次ぐ不正アクセスによる情報流出に対して、日本側の対応は後手に回っているのは否めない。

こうした不正アクセスを防ぐための法律として、「不正アクセス禁止法」があるが、現在の法律では、たとえ捜査機関であっても、国外のサーバーへのアクセスが禁じられている。

当然だが、国外からのサイバー攻撃の犯人を突き止めるためには、国外のサーバーへのアクセスは絶対に必要だ。

攻撃を仕掛けてくる国外のサーバに逆にサイバー攻撃を仕掛けたり、何らかの細工を施したりして、相手側の動きを理解しようとすることもできない。

世界中のハッカーが巣食うダークウェブなどに自動検知プログラムなどを仕掛けて、その動きを監視し、ハッカーの世界の最新の技術情報を集めることもできないわけだ。

これらの対応は、明らかに「犯罪的」な側面もある。

だが、これを認めないと、常に世界の最先端のやり方に対して遅れを取ることになり、大切な情報をまもることができなくなるわけだ。

性善説だけではうまくいかなくなっている現実への対応を、真剣に考えるべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/kobe-steel-idJPKBN200110

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  2. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国に…

  3. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  4. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  5. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  6. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)
  2. 道理

    米軍に安易な基地名見直しの動き! 南北戦争の南部指導者名は外すべきか?(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊…
  4. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)
  5. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
PAGE TOP