安全保障

神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

三菱電機、NECに続いて、神戸鋼でも情報流出があったことが発覚した。

防衛省の指定した秘密等の情報はなかったとされているが、ログファイルの書き換えによって、痕跡が消されていた可能性もある。

三菱電機の漏洩も、人事系の情報だけで、機密情報は漏れていないとされているが、これにしても、ログファイルの書き換えによって、痕跡が消されていただけかもしれない。

なお、人事系の情報でも、高度な技術者をスカウトするのにも使えるから、決して見過ごせるものではない。

NECについては、漏洩情報すら曖昧だ。

「2万8000件のファイルが流出した可能性がある」としながらも、「情報流出などの被害は確認されていない」とも言っているが、「潜水艦用センサーの情報といった自衛隊装備の資料も含まれていた」といった報道もあった。

さて、相次ぐ不正アクセスによる情報流出に対して、日本側の対応は後手に回っているのは否めない。

こうした不正アクセスを防ぐための法律として、「不正アクセス禁止法」があるが、現在の法律では、たとえ捜査機関であっても、国外のサーバーへのアクセスが禁じられている。

当然だが、国外からのサイバー攻撃の犯人を突き止めるためには、国外のサーバーへのアクセスは絶対に必要だ。

攻撃を仕掛けてくる国外のサーバに逆にサイバー攻撃を仕掛けたり、何らかの細工を施したりして、相手側の動きを理解しようとすることもできない。

世界中のハッカーが巣食うダークウェブなどに自動検知プログラムなどを仕掛けて、その動きを監視し、ハッカーの世界の最新の技術情報を集めることもできないわけだ。

これらの対応は、明らかに「犯罪的」な側面もある。

だが、これを認めないと、常に世界の最先端のやり方に対して遅れを取ることになり、大切な情報をまもることができなくなるわけだ。

性善説だけではうまくいかなくなっている現実への対応を、真剣に考えるべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/kobe-steel-idJPKBN200110

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 安全保障

    コロナにまつわる闇を告発! 米上院議員5名が記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)

    中国中の宗教コミュニティで習近平思想の学習が義務化されつつある…

  3. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    高市早苗氏の靖国関連発言を完全に歪める橋下徹氏! 維新こそこの発言を問題視せよ!…
  2. 安全保障

    中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウイグル人権法案可決に猛反発! 中国がアメリカの先住民虐殺を非難!(朝香 豊)
  4. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
PAGE TOP