中国

コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から漏れたものではないかと、中国オンラインゲーム開発会社、多益網絡股份有限公司の徐波・会長が、SNS上で強い疑問を呈した。

徐波氏は「証拠を提供した上で、中国科学院武漢ウイルス研究所を告発する」とのコメントを書き込んだ。

徐波氏は保有資産が4500億円ほどの、中国を代表する富豪だ。

徐波氏は、中国の研究者の倫理観がひどく、実験用動物の管理がずさんなことを指摘している。

中国の生物学者・李寧は、中国農業大学から研究費補助金を得て、実験に使う牛や豚を購入した。李寧は実験を終えた豚や牛などを殺処分にしないで業者に売却し、収益1000万元(約1億6000万円)ほどを着服したことがある。

これがばれて裁判になったという事案が中国にはあり、これを一つの根拠としている。

次に徐波氏は、裁判の判決文が、この実験用動物がどのような実験に使われたものなのかなどの、詳しい経緯に全く言及がなかったことを不自然だと考えている。

当たり障りのない研究であるならば、どういう実験なのかとかを明らかにしても問題はないし、普通であればそのことに触れるであろうに、この事件に関してはこの点について明らかにされていないのは、明らかにしてはまずい用途として利用されたのではないかという推測が成り立つ。

さらに徐波氏は、武漢ウイルス研究所の石正麗氏が2015年に他国の研究者と共に執筆したコウモリのコロナウイルスに関する研究論文に注目している。

徐波氏は、「石正麗氏が2015年に書いた論文の中で紹介したウイルスが、現在の新型コロナウイルスではないとわかっている。しかし、これは中国の研究者が人為的に類似のウイルスを生成していることを証明している」とし、これを根拠に「石氏の実験室には、同じようなウイルスがたくさんある」と十分に考えることができ、だとすれば「ウイルスの漏えいで今回の感染拡大を招いた可能性が大きい」と書き込んだ。

そのうえで、中国当局に対して武漢ウイルス研究所を徹底的に調べるように求めた。

なお、中国ではSARSの騒動が一旦終わった後に、少なくとも4回SARSウイルスが漏れ出る事件が発生している。

徐波氏の指摘は決定的な証拠とまではいかないが、武漢ウイルス研究所を調べる必要性を感じさせるものだ。

ところで自分が不思議なのは、徐波氏が自分の命や資産を犠牲にするかもしれないような危険を犯してまで、こんな疑惑の提出を行ったのかという点だ。

恐らく彼には共産党幹部の強力な後ろ盾があり、こうした発言をしても大丈夫だと保証されているのではないだろうか。

本物の生物系の学者などの指摘だとリアリティがありすぎるが、有名な富豪の指摘であれば、話題にはなっても、真実性についてはカムフラージュできる。

「証拠」の大雑把さも、嘘っぽくもなく、本当だとは決めつけられない点で、「程よい」程度だ。

そんな計算も入っているのではないかと感じる。

邪推かもしれないが、こういうところにも、中国共産党内部での権力闘争が垣間見れるように思っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51486.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    習近平が人民解放軍に戦争準備を司令! いつでも動けるようにしろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

  4. 中国

    中国で焚書が進んでいる! こっそりやれとの指示も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
  3. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(…
  4. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)
  5. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)
PAGE TOP