人権・民主主義

香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)

米プロバスケットボールNBAのヒューストン・ロケッツのジェネラルマネージャー(GM)のモリー氏が香港のデモを応援するツイートを投稿した件で、騒ぎがどんどん拡大している。

中国側はこの投稿に猛反発し、中国国内でのロケッツ戦の放映の中止を決定し、さらに中国のスポンサー企業が相次いでロケッツとの関係を断つことを表明した。

これに対して、GMのモリー氏は投稿をすぐさま削除し、「中国のファンを怒らせるつもりはなかった」と釈明した。また、チームのスター選手のハーデン氏も謝罪を表明した。NBAもGMのツイッター発言に対して「遺憾の意」を表明した。

だが、こうした謝罪に対しては、アメリカの議員などから、経済的な理由で中国側に屈服するのはいかがなものかと、批判する声が上がっていた。

例えば、共和党のサス上院議員は「NBAは(人権よりも)カネが最も大切なのだ」と嫌味を言い、民主党のシューマー上院院内総務は「米国人が自由について発言することを封じるようなルールが課せられてはならない」と中国を揶揄した。

こうした中で、NBAのコミッショナーであるシルバー氏は、NBAリーグには初期の頃から表現の自由が大切な価値観となっており、選手や従業員、チームオーナーの発言をNBAが制限することはないとして、モリーGMの表現の自由を支持する方針を示した。

これに対して中国系のメディアのチャイナ・デイリーは、コミッショナーが「ぬけぬけとモリー氏の分離主義を支持するツイートを擁護」し、「香港の暴徒をあおった」として批判した。

同じく中国系のメディアの環球時報は、コミッショナーは政治的圧力に屈し、NBAは傲慢にも中国市場を軽視していると非難した。

さらに中国側はロケッツ戦の放映のみならず、NBAのエクシビションゲームの放映も取りやめることを表明した。

中国の傲慢さが改めて露呈したわけだが、中国が支配的立場に立つ世界になったら、どういう事態が生み出されることになるかを如実に教えてくれる事例になったのではないだろうか。

なお、中国ではバスケットボールの人気は非常に高く、競技人口は3億人にも達する。その中で人気を牽引するのはNBAで、昨シーズンは約5億人が少なくとも1回はNBAの試合を観戦したと、AP通信は報じている。

この点で今回の騒動は、NBAに対する打撃よりも中国に対する打撃の方が大きくなるのかもしれない。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47974.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    ナイジェリアの法律家連合も中国を提訴! 200兆円を要求! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ナイ…

  2. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!11…

  3. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  4. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  5. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 …
  4. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)
PAGE TOP