人権・民主主義

香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)

米プロバスケットボールNBAのヒューストン・ロケッツのジェネラルマネージャー(GM)のモリー氏が香港のデモを応援するツイートを投稿した件で、騒ぎがどんどん拡大している。

中国側はこの投稿に猛反発し、中国国内でのロケッツ戦の放映の中止を決定し、さらに中国のスポンサー企業が相次いでロケッツとの関係を断つことを表明した。

これに対して、GMのモリー氏は投稿をすぐさま削除し、「中国のファンを怒らせるつもりはなかった」と釈明した。また、チームのスター選手のハーデン氏も謝罪を表明した。NBAもGMのツイッター発言に対して「遺憾の意」を表明した。

だが、こうした謝罪に対しては、アメリカの議員などから、経済的な理由で中国側に屈服するのはいかがなものかと、批判する声が上がっていた。

例えば、共和党のサス上院議員は「NBAは(人権よりも)カネが最も大切なのだ」と嫌味を言い、民主党のシューマー上院院内総務は「米国人が自由について発言することを封じるようなルールが課せられてはならない」と中国を揶揄した。

こうした中で、NBAのコミッショナーであるシルバー氏は、NBAリーグには初期の頃から表現の自由が大切な価値観となっており、選手や従業員、チームオーナーの発言をNBAが制限することはないとして、モリーGMの表現の自由を支持する方針を示した。

これに対して中国系のメディアのチャイナ・デイリーは、コミッショナーが「ぬけぬけとモリー氏の分離主義を支持するツイートを擁護」し、「香港の暴徒をあおった」として批判した。

同じく中国系のメディアの環球時報は、コミッショナーは政治的圧力に屈し、NBAは傲慢にも中国市場を軽視していると非難した。

さらに中国側はロケッツ戦の放映のみならず、NBAのエクシビションゲームの放映も取りやめることを表明した。

中国の傲慢さが改めて露呈したわけだが、中国が支配的立場に立つ世界になったら、どういう事態が生み出されることになるかを如実に教えてくれる事例になったのではないだろうか。

なお、中国ではバスケットボールの人気は非常に高く、競技人口は3億人にも達する。その中で人気を牽引するのはNBAで、昨シーズンは約5億人が少なくとも1回はNBAの試合を観戦したと、AP通信は報じている。

この点で今回の騒動は、NBAに対する打撃よりも中国に対する打撃の方が大きくなるのかもしれない。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47974.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!香港警…

  2. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際的に…

  3. 人権・民主主義

    統計学から指摘される不正選挙の証拠! ベンフォードの法則!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 人権・民主主義

    究極の逆転劇! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!様々…

  5. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)

    香港の区議会議員選挙は、政府に批判的な立場の民主派がすべての議…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)
  3. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 …
  4. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)
  5. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)
PAGE TOP