人権・民主主義

香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)

米プロバスケットボールNBAのヒューストン・ロケッツのジェネラルマネージャー(GM)のモリー氏が香港のデモを応援するツイートを投稿した件で、騒ぎがどんどん拡大している。

中国側はこの投稿に猛反発し、中国国内でのロケッツ戦の放映の中止を決定し、さらに中国のスポンサー企業が相次いでロケッツとの関係を断つことを表明した。

これに対して、GMのモリー氏は投稿をすぐさま削除し、「中国のファンを怒らせるつもりはなかった」と釈明した。また、チームのスター選手のハーデン氏も謝罪を表明した。NBAもGMのツイッター発言に対して「遺憾の意」を表明した。

だが、こうした謝罪に対しては、アメリカの議員などから、経済的な理由で中国側に屈服するのはいかがなものかと、批判する声が上がっていた。

例えば、共和党のサス上院議員は「NBAは(人権よりも)カネが最も大切なのだ」と嫌味を言い、民主党のシューマー上院院内総務は「米国人が自由について発言することを封じるようなルールが課せられてはならない」と中国を揶揄した。

こうした中で、NBAのコミッショナーであるシルバー氏は、NBAリーグには初期の頃から表現の自由が大切な価値観となっており、選手や従業員、チームオーナーの発言をNBAが制限することはないとして、モリーGMの表現の自由を支持する方針を示した。

これに対して中国系のメディアのチャイナ・デイリーは、コミッショナーが「ぬけぬけとモリー氏の分離主義を支持するツイートを擁護」し、「香港の暴徒をあおった」として批判した。

同じく中国系のメディアの環球時報は、コミッショナーは政治的圧力に屈し、NBAは傲慢にも中国市場を軽視していると非難した。

さらに中国側はロケッツ戦の放映のみならず、NBAのエクシビションゲームの放映も取りやめることを表明した。

中国の傲慢さが改めて露呈したわけだが、中国が支配的立場に立つ世界になったら、どういう事態が生み出されることになるかを如実に教えてくれる事例になったのではないだろうか。

なお、中国ではバスケットボールの人気は非常に高く、競技人口は3億人にも達する。その中で人気を牽引するのはNBAで、昨シーズンは約5億人が少なくとも1回はNBAの試合を観戦したと、AP通信は報じている。

この点で今回の騒動は、NBAに対する打撃よりも中国に対する打撃の方が大きくなるのかもしれない。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47974.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    森元首相の一連の発言が炎上! 問題は森氏に対する賛否ではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!森元…

  2. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  3. 人権・民主主義

    ハンターのみならずジョー・バイデンも関与か? 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件

    中国で起こった医療の闇の事件。北京で、急性リンパ性…

  5. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)

    英国情報通信庁は、近年英国に進出した中国の官制テレビメディアの…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国では携帯の購入時に顔認証が義務化へ! 中国政府はそこまで追い込まれている?(…
  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
  3. 経済

    中国、GDP成長率6%目標を事実上取り下げる! 景気減速はごまかせない!(朝香 …
  4. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    さらに続く中国の過剰反応! 制裁に参加しなかった日本にまで噛み付く!(朝香豊)
PAGE TOP