人権・民主主義

英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄を一時拘束された際、香港で政治不安をあおったとされ、拷問されたとBBCが報じた。

男性は、手足を束縛され、目隠しをされ、頭に覆いをかぶせられ、殴打されて自白を強要されたと主張している。

中国政府は香港デモの黒幕にイギリスがいて、様々な支援をしていると疑っていたようだ。

拘束されていたのは彼だけではなく、他にも多くの香港人が拘束されていたという。彼が目撃したのは10名ほどだったが、何人拘束されていたのかはわからないとも答えた。

ラーブ英外相は「男性が拘束中に受けた拷問に等しい扱いに憤慨しており、中国当局が調査し、責任者の責任を問うよう期待している」と中国側を非難し、国際的義務に違反し、男性に残忍で不名誉な扱いをした行為への怒りを表明するため、駐英中国大使を呼び出した。

これに対して、中国外務省の報道官は「(男性の)拘留期間中、合法的な権利は守った。英国は香港問題で誤った言動を続けており、中国は強烈な憤慨の意を示したい」、むしろ中国政府の憤慨を伝えるためにイギリス大使を呼び出すつもりだと述べている。

英国の主張と中国の主張のどちらが信頼できるだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

なお、これの元ネタとなるBBCの記事に飛ぶと、より詳しい情報にも接することができる。
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50487364
トップ画像も同記事からhttps://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/11D40/production/_109742037_simonchengcity.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「台湾と国交を!」ドイツでの請願活動に2万人超が既に署名! (朝香 豊)

    ドイツ国民が連邦議会に「民主国家の台湾と国交を結ぼう」との内容…

  2. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    アメリカで検問中の警官が射殺される! BLM運動の見直しを!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オク…

  4. 人権・民主主義

    79%がバイデン勝利は無効! トランプ支持の有権者!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  5. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 安全保障

    一帯一路の鉄道プロジェクトの詳細を機密扱いに! ハンガリー議会!(朝香 豊)
  2. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香…
  3. 道理

    ジェイコブ・ブレークは最低男だった! 明らかになる実態!(朝香 豊)
  4. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)
  5. 未分類

    メドベージェフ解任で、ロシア新首相に無名のミシュスチン氏! プーチンの思惑は?(…
PAGE TOP