人権・民主主義

英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄を一時拘束された際、香港で政治不安をあおったとされ、拷問されたとBBCが報じた。

男性は、手足を束縛され、目隠しをされ、頭に覆いをかぶせられ、殴打されて自白を強要されたと主張している。

中国政府は香港デモの黒幕にイギリスがいて、様々な支援をしていると疑っていたようだ。

拘束されていたのは彼だけではなく、他にも多くの香港人が拘束されていたという。彼が目撃したのは10名ほどだったが、何人拘束されていたのかはわからないとも答えた。

ラーブ英外相は「男性が拘束中に受けた拷問に等しい扱いに憤慨しており、中国当局が調査し、責任者の責任を問うよう期待している」と中国側を非難し、国際的義務に違反し、男性に残忍で不名誉な扱いをした行為への怒りを表明するため、駐英中国大使を呼び出した。

これに対して、中国外務省の報道官は「(男性の)拘留期間中、合法的な権利は守った。英国は香港問題で誤った言動を続けており、中国は強烈な憤慨の意を示したい」、むしろ中国政府の憤慨を伝えるためにイギリス大使を呼び出すつもりだと述べている。

英国の主張と中国の主張のどちらが信頼できるだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

なお、これの元ネタとなるBBCの記事に飛ぶと、より詳しい情報にも接することができる。
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50487364
トップ画像も同記事からhttps://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/11D40/production/_109742037_simonchengcity.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  2. 人権・民主主義

    香港 デモ参加者のマスク禁止へ!(朝香 豊)

    香港では、「緊急事態または公共の安全に危害が及ぶ事態」と判断し…

  3. 安全保障

    中国、チェコを脅迫! 台湾訪問団を取りやめろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!チェ…

  4. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  5. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 人権・民主主義

    香港警察は発砲を正当化! 映像からは苦しい言い訳だ!(朝香 豊)

    香港で若者に警察官が至近距離から発砲し、肝臓と腎臓が破裂する大…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  2. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
  3. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 外交

    トランプ政権は中国企業の上場廃止と年金基金などの中国運用の制限を検討開始! (朝…
PAGE TOP