人権・民主主義

英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄を一時拘束された際、香港で政治不安をあおったとされ、拷問されたとBBCが報じた。

男性は、手足を束縛され、目隠しをされ、頭に覆いをかぶせられ、殴打されて自白を強要されたと主張している。

中国政府は香港デモの黒幕にイギリスがいて、様々な支援をしていると疑っていたようだ。

拘束されていたのは彼だけではなく、他にも多くの香港人が拘束されていたという。彼が目撃したのは10名ほどだったが、何人拘束されていたのかはわからないとも答えた。

ラーブ英外相は「男性が拘束中に受けた拷問に等しい扱いに憤慨しており、中国当局が調査し、責任者の責任を問うよう期待している」と中国側を非難し、国際的義務に違反し、男性に残忍で不名誉な扱いをした行為への怒りを表明するため、駐英中国大使を呼び出した。

これに対して、中国外務省の報道官は「(男性の)拘留期間中、合法的な権利は守った。英国は香港問題で誤った言動を続けており、中国は強烈な憤慨の意を示したい」、むしろ中国政府の憤慨を伝えるためにイギリス大使を呼び出すつもりだと述べている。

英国の主張と中国の主張のどちらが信頼できるだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

なお、これの元ネタとなるBBCの記事に飛ぶと、より詳しい情報にも接することができる。
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-50487364
トップ画像も同記事からhttps://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/11D40/production/_109742037_simonchengcity.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文総統、「台湾はすでに独立国家」の強気発言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 人権・民主主義

    4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  4. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!小島晴…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ
  3. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香…
PAGE TOP