人権・民主主義

恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのNPO団体「共産主義受難者基金会」は、米議会のあるキャピトル・ヒルで政策フォーラムを開催し、中国共産党の臓器狩りについて討論した。

この中には、中国からの迫害を逃れたウ・メイ氏も参加した。

ウ・メイ氏は中国共産党から危険視されている法輪功という気功のグループに属していたことから、12年間も刑務所の中で過ごし、その期間中には何度も血液や骨髄を採取された。

ウ・メイ氏は釈放後、法輪功迫害の数多くの証拠を集め、これをアメリカに持ち出した。

その中には、臓器移植を行う医師へのインタビューを隠しカメラで撮影したものもある。

この映像の中で、解放軍総医院の李朝陽医師は、普通の肝臓がんなら2週間以内に手術が可能で、(質の良い)気功修練者の肝臓を選ぶこともできるし、待てるなら若い人の肝臓を選ぶこともできることを述べている。

映像からは、あっけらかんと普通のことを説明しているような感じが伝わってきて、そこは自分にはかえって衝撃だった。

また、肝臓手術を受けたばかりの人へのインタビューもある。

この中でその人は、「良質な臓器を探すのにケチってはいけない。よい肝臓を手に入れれば、10年は生き延びることができる」と語っている。

この人は、臓器の適合検査をしている担当者に5万元(80万円ほど)を渡し、30才以下の気功修練者の肝臓を指定したのだそうだ。

中国では求めてから2〜3週間で臓器移植ができるだけでなく、気功修練者のものがいいとか、30才以下の若い人のものがいいといった指定さえできるようになっている。

生きている人から条件に適合する人を探し出し、臓器摘出しない限り、こんなことは行えるはずがない。

恐ろしい国家だ。

なお、インタビューを収録したYouTubeの動画は、この下の方に貼ってあるので、ぜひ見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

インタビューが収録されているYouTubeの動画

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際的に…

  3. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  4. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

    香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄…

  5. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)

    韓国のKBSテレビに対して、ある香港警察官が匿名を条件に取材に…

  6. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?
  2. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
  5. 道理

    首里城正殿には電気コードが溶けた痕が見つかる! 管理責任のある沖縄県側の説明はウ…
PAGE TOP