人権・民主主義

恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのNPO団体「共産主義受難者基金会」は、米議会のあるキャピトル・ヒルで政策フォーラムを開催し、中国共産党の臓器狩りについて討論した。

この中には、中国からの迫害を逃れたウ・メイ氏も参加した。

ウ・メイ氏は中国共産党から危険視されている法輪功という気功のグループに属していたことから、12年間も刑務所の中で過ごし、その期間中には何度も血液や骨髄を採取された。

ウ・メイ氏は釈放後、法輪功迫害の数多くの証拠を集め、これをアメリカに持ち出した。

その中には、臓器移植を行う医師へのインタビューを隠しカメラで撮影したものもある。

この映像の中で、解放軍総医院の李朝陽医師は、普通の肝臓がんなら2週間以内に手術が可能で、(質の良い)気功修練者の肝臓を選ぶこともできるし、待てるなら若い人の肝臓を選ぶこともできることを述べている。

映像からは、あっけらかんと普通のことを説明しているような感じが伝わってきて、そこは自分にはかえって衝撃だった。

また、肝臓手術を受けたばかりの人へのインタビューもある。

この中でその人は、「良質な臓器を探すのにケチってはいけない。よい肝臓を手に入れれば、10年は生き延びることができる」と語っている。

この人は、臓器の適合検査をしている担当者に5万元(80万円ほど)を渡し、30才以下の気功修練者の肝臓を指定したのだそうだ。

中国では求めてから2〜3週間で臓器移植ができるだけでなく、気功修練者のものがいいとか、30才以下の若い人のものがいいといった指定さえできるようになっている。

生きている人から条件に適合する人を探し出し、臓器摘出しない限り、こんなことは行えるはずがない。

恐ろしい国家だ。

なお、インタビューを収録したYouTubeの動画は、この下の方に貼ってあるので、ぜひ見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

インタビューが収録されているYouTubeの動画

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    香港の覆面禁止条例の違憲判断に、中国全人代報道官が大反発!(朝香 豊)

    中国の全国人民代表大会常務委員会法制作業委員会の臧鉄偉報道官は…

  4. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  6. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)
  5. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(…
PAGE TOP