人権・民主主義

チョ・グク法相は「南韓社会主義労働者同盟」の中核メンバーとして拘束されたことがあることが判明! (朝香 豊)

チョ・グク法相は極左団体「南韓社会主義労働者同盟」の中核メンバーとして拘束されたことがある。

拳銃や毒薬などを独自に入手・製造し、社会主義思想をもとに蜂起を試みたとされる。

彼の考えは書籍化され、これを読んで感銘を受け、盟友となったと、文在寅氏は自伝に記している。

この本には、彼が執念を燃やす検察改革についても触れられていたとのことだ。

こうした内容は9月22日の午前7時30からフジテレビで放送の「日曜報道 THE PRIME」で放送された。

今の政権がどれだけやばいものであるかが、よくわかる内容だ。

これに関するgooテレビ番組の紹介記事

画像はフジテレビのサイトから引用

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Fa…

  3. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  4. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!共和…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    プーチン体制ピンチ! ウクライナ侵略失敗へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)…
  3. 経済

    破綻確定の河野氏の年金改革案! かつて民主党も同じ主張を行い、謝罪している!(朝…
  4. 人権・民主主義

    ミシガン州が17万7千人の有権者登録を削除!(朝香 豊)
  5. 経済

    Googleは脱税捜査を受け、1200億円支払いでフランスと合意 国際課税の統一…
PAGE TOP