経済

日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)

今年の日本の出生数は、1~7月は前年同期に比べて5.9%減と、大きく落ち込んだ。

平成28年に100万人割れを起こしてからわずか3年で90万人割れを起こすのは、ほぼ確実だ。

日経新聞には「団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい」との分析が欠かれていたが、それは的を外しているだろう。

そもそも40代の出産は例外的な話で、40代後半になった団塊ジュニア世代を理由として挙げることは適切ではない。

単純な推測でしかないが、人手不足状態になってきて、企業側から退職しないでもらいたい、そのために妊娠・出産も自粛してもらいたいという要請を、陰に陽に受けているからではないだろうか。

そういう企業の立場に立たずに、日本政府は長期的な視点から少子化対策を抜本的に強化してもらいたい。

そして企業は今後も人手不足が続くことを前提に、思い切った生産性向上・省力化のための投資をどんどん増やしてもらいたい。

ソースとなった日経新聞の記事https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50672490W9A001C1MM8000/
トップ画像は別の日経新聞の記事からhttps://www.nikkei.com/article/DGXKZO50672980W9A001C1NN1000/
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXKZO5067299006102019NN1000-2.jpg?w=724&h=685&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&crop=faces%2Cedges&ixlib=js-1.4.1&s=2508f94c71db01bc1ead20b141f68330

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  2. 経済

    習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 経済

    菅氏が一番増税派? そんなわけはない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テレ…

  4. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  5. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)
  2. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国各地で封鎖処置が強化!(朝香 豊)
  5. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)
PAGE TOP