安全保障

生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナに感染して千葉県内で自宅療養をしていた妊娠8か月の妊婦が、出血があったために救急車を呼んだものの受け入れ先が見つからないという事態が起こった。仕方なく妊婦はそのまま自宅で出産したのだが、早産した赤ちゃんの手当ができず、その命を失わせる結果となった。

政府はコロナについて、指定感染症の2類相当以上(事実上の1類)という厳しい扱いを求めながら、受け入れる病床が足りないことから中等症以下の場合には原則自宅待機の扱いにさせられるという、極めて矛盾した対応をしている。

指定感染症の2類相当以上というのであれば、中等症以下でも対応可能な医療機関でしっかりと対処すべきだろう。中等症以下の受け入れを行えるキャパが対応可能な医療機関にないのであれば、5類への指定替えを行い、早期から通常の医療機関へのアクセスができるようにすべきであろう。重症になるまで放置させられるというのは、全くありえない対応である。こんなことをしていれば、命が救われても後遺症で苦しむ人たちが増えていくのは避けようもない。

当初は治療法がないとされていたコロナであるが、今は違う。最近は抗体カクテル療法、ステロイド療法、イベルメクチン・アクテムラ・アビガン・バリシチニブなどの活用など、様々な選択肢が増えてきた。感染初期で対応できる治療法も出てきている。ならばなおさら、早期からの医療アクセスができるようにするというのが基本になるべきだと考える。

だが、この肝心の医療アクセスの確保という点に主眼に置いた対策を、政府は考えてこなかった。指定替えを行わない選択をしている以上、専用病床の確保が最優先になるべきなのは言うまでもない。だがよく知られたとおり、政府も地方自治体もこの病床確保にほとんど力を入れてこなかった。むしろ一時よりも専用病床数が減っているという笑えない現実もある。その中で中等症以下は自宅待機が原則とされた。

こうした矛盾が今回のこの新生児の死亡というおぞましい結果を引き起こしたのではないだろうか。

国民がおとなしいのをいいことに、緊急事態宣言の度重なる延長などで、国民の普通の経済生活はどんどん破壊されている。

政府が考えるべきことは、国民の通常の経済生活に極力干渉しないようにしながら、どうすれば必要な人に必要な医療アクセスが問題なく提供できるようにするかではないのか。

マスクの着用にしても、外を出歩く時にしていても意味はなく、着用するとすれば、むしろ会社や自宅で会話を交わす時に気をつけるべきものだろう。ところがこの対応が真逆になっている現実を、「専門家」が全く問題にしないという恐るべき事態が進行している。

彼らにとっては「正しさ」はほとんど意味を持たず、国民に甘い対応を認めなかったということだけが重要なのだ。感染が拡大した時に「あれだけきつく言ったのに」という言い訳ができればよいわけで、合理的に問題を処理しようという意識から彼らは出発していないのである。

この仕組みを抜本的に変えないと、この問題の処理はできないであろう。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210819/k10013211121000.html
救急車の画像
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210819/K10013211121_2108190223_2108190223_01_02.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    米国防長官、北朝鮮に「勝つ準備」を確認する必要を強調!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    ニューヨーク市は医療崩壊! 防護服なく、看護師死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  3. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)
  4. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)
  5. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香…
PAGE TOP