安全保障

米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オブライエン米国家安全保障問題担当大統領補佐官は、ファーウェイが世界中の通信ネットワークにバックドアを仕掛けている証拠があると発言した。

ファーウェイの通信機器は、2009年の4G機器時代から、ネットワーク構築の一部にバックドアが仕掛けられているのではないかとの疑いがかけられている。

米商務省も、「技術の普及とイノベーションの加速という課題に対応するため、輸出規制を継続的に見直している」と述べ、ファーウェイに対する締め付けを強化する方向性を示唆している。

実際、ロス米商務長官は、ファーウェイの機器の輸入規制についての話し合いを近日中に開くよう、エスパー米国防長官に求めているようだ。

この流れと一致するような動きは、米国防省内でもすでに見られるようになっている。

ファーウェイ製品に関しては、一部の製品について輸入緩和が認められるとされていたが、米国防省は、ファーウェイ製品の輸入緩和の決定を変更することをほのめかしている。

ここにきて一気にファーウェイ包囲網を強化しているのは、ヨーロッパで相次いで5Gネットワークの構築にファーウェイ製品を取り入れる動きが出てきたことに、アメリカ政府が危機感をつのらせているからかもしれない。

アメリカの対中政策がどんどん厳しさを増していること、特にファーウェイ製品に関する対応が神経質になっていることを、日本の政界人や財界人は、どの程度理解しているのだろうか。

はなはだ心もとない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51729.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 中国

    新型コロナウイルスは報道よりずっと危険! !(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!JB…

  4. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  6. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    追い込まれたソフトバンクG! 約1兆円の赤字発表!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国は2月段階でワクチン生産! 開発責任の陳薇少将が公言!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    北京大学との共同学位プログラム計画を否決! コーネル大学教授会!(朝香 豊)
  4. 中国

    トランプ大統領、国籍取得目的の出産排除へ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)
PAGE TOP