安全保障

米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オブライエン米国家安全保障問題担当大統領補佐官は、ファーウェイが世界中の通信ネットワークにバックドアを仕掛けている証拠があると発言した。

ファーウェイの通信機器は、2009年の4G機器時代から、ネットワーク構築の一部にバックドアが仕掛けられているのではないかとの疑いがかけられている。

米商務省も、「技術の普及とイノベーションの加速という課題に対応するため、輸出規制を継続的に見直している」と述べ、ファーウェイに対する締め付けを強化する方向性を示唆している。

実際、ロス米商務長官は、ファーウェイの機器の輸入規制についての話し合いを近日中に開くよう、エスパー米国防長官に求めているようだ。

この流れと一致するような動きは、米国防省内でもすでに見られるようになっている。

ファーウェイ製品に関しては、一部の製品について輸入緩和が認められるとされていたが、米国防省は、ファーウェイ製品の輸入緩和の決定を変更することをほのめかしている。

ここにきて一気にファーウェイ包囲網を強化しているのは、ヨーロッパで相次いで5Gネットワークの構築にファーウェイ製品を取り入れる動きが出てきたことに、アメリカ政府が危機感をつのらせているからかもしれない。

アメリカの対中政策がどんどん厳しさを増していること、特にファーウェイ製品に関する対応が神経質になっていることを、日本の政界人や財界人は、どの程度理解しているのだろうか。

はなはだ心もとない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51729.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  3. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  4. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)

    巨額の不正資金疑惑をめぐって職権乱用など42の罪に問われている…

  5. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)
  3. 未分類

    トランプVSバイデンTV討論会! バイデンは耳のチェックを拒否!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)
PAGE TOP