安全保障

米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オブライエン米国家安全保障問題担当大統領補佐官は、ファーウェイが世界中の通信ネットワークにバックドアを仕掛けている証拠があると発言した。

ファーウェイの通信機器は、2009年の4G機器時代から、ネットワーク構築の一部にバックドアが仕掛けられているのではないかとの疑いがかけられている。

米商務省も、「技術の普及とイノベーションの加速という課題に対応するため、輸出規制を継続的に見直している」と述べ、ファーウェイに対する締め付けを強化する方向性を示唆している。

実際、ロス米商務長官は、ファーウェイの機器の輸入規制についての話し合いを近日中に開くよう、エスパー米国防長官に求めているようだ。

この流れと一致するような動きは、米国防省内でもすでに見られるようになっている。

ファーウェイ製品に関しては、一部の製品について輸入緩和が認められるとされていたが、米国防省は、ファーウェイ製品の輸入緩和の決定を変更することをほのめかしている。

ここにきて一気にファーウェイ包囲網を強化しているのは、ヨーロッパで相次いで5Gネットワークの構築にファーウェイ製品を取り入れる動きが出てきたことに、アメリカ政府が危機感をつのらせているからかもしれない。

アメリカの対中政策がどんどん厳しさを増していること、特にファーウェイ製品に関する対応が神経質になっていることを、日本の政界人や財界人は、どの程度理解しているのだろうか。

はなはだ心もとない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51729.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ホンハイ精密工業の郭台銘氏は無所属で総統選出馬か? (朝香 豊)

    郭台銘氏が国民党を離党した。郭台銘氏は国民党の総統選出…

  2. 安全保障

    イラン革命防衛隊が全責任を認める! ウクライナ機撃墜で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラン革…

  3. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!
  3. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)
  4. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
  5. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
PAGE TOP