安全保障

中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

湖北省十堰市張灣区は、新型コロナウイルスのまん延を阻止するための措置として、市民が住宅を離れることを2週間禁止にする「戦時管理」命令を出した。

武漢訪問歴のない住民の感染が全感染例の80%に上昇したため、感染の広がりを阻止するために新措置に踏み切った。

医療従事者、集団感染防止担当者、生活用品を配達する者を除き、自分の家から外出することはできない。

つまり、買い物の外出も許さず、買い物は生活用品を配達する者が代理で行い、宅配するというわけだ。

当局が届ける商品の種類と価格を設定する。

24時間体制で管理する。

同じ湖北省の大悟縣でも、同様の処置が発令された。

北京市疾病予防管理センターの党委員会も「戦時状態命令」を発表し、全党員に対し大戦が差し迫っているとし、「危機感と重要性を十分に認識するべき」で、「危機的な局面」で過失を起こさないことを求めた。

電話などの通信手段を利用して、対面でのやりとりを極力減らすよう、求めている。

中国でもこれまで季節性インフルが蔓延して、多くの人が毎年命を落としているが、だからといって「戦時管理」とか「戦時状態命令」とかが出て、外出が厳しく制限されるようなことはなかった。

季節性インフルと変わらないとか、季節性インフルよりも軽いという話が出ているが、中国がここまで日常生活や経済活動を犠牲にすることをやって、このウイルスを封じ込めようとしているということを、まじめに考えてもらいたい。

政府や厚労省が、未だにWHOの報告を信じて対策を考えていることが、信じられない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51755.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

  3. 安全保障

    北朝鮮のミサイル発射で岸田総理が官邸に戻る! 無駄ではないか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  4. 安全保障

    厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  5. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 人権・民主主義

    デモ参加者が実弾発射と香港警察! ヤラセか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ドミニオンの犯罪調査が認められる! ミシガン州で大前進!(朝香 豊)
  3. 経済

    国土強靱化の予算執行は5割にとどまる! 弱体化した建設業!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ファーウェイ製のデータセンターのセキュリティはデタラメ! パプアニューギニア!(…
PAGE TOP