人権・民主主義

中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、「2020年世界人権報告書」をまとめ、この中で 中国政府は世界の広い地域で監視システムを構築しており、これは世界中の人権に対する脅威であると指摘した。

同団体の代表のロス氏は、当初は香港でこの報告書の発表をする予定だったが、中国政府から「暴力と分離主義を扇動する」との理由で入境を拒否され、やむなくニューヨークの国連本部で記者会見を開いた。

ロス氏は「人々の未来を守るために、中国共産党政権の国際人権システムに対する攻撃に抵抗して、協力する必要がある」と述べた。

国連人権理事会において、中国は、特定の国を批判するほぼすべての人権政策に反対している。

シリア、イラン、ベネズエラ、イエメンなどの深刻な人権侵害に対する非難さえ、中国は反対票を投じてきた。

報告書は「中国は、経済発展が人権の尊重より先行するべきだと主張することで、国際人権の枠組みをゆがめようとしている」とした。

この報告書で非常に面白いのは、中国の一帯一路によるインフラ支援をグテーレス国連事務総長が褒め称えたことも批判しているところだ。

一帯一路が人権と環境基準をほとんど無視しており、一帯一路の取引を行う国では、権威主義が悪化し民主主義が後退することが多い。

その結果、こうした国々は中国の反人権的姿勢を支持し、中国国内の弾圧には沈黙し、国際機関の役割を弱体化させる役割を果たすことが多くなるわけだ。

報告書はもちろん、中国国内の人権状況にも批判を加えている。

人々の抑圧のためにAIなど先端技術を駆使し、生体やDNAサンプルの強制収集を行い、大規模に人々のプライバシーに侵入して、人々を制御しようとし、その結果として「異論のない社会」を構築しようとしていると指摘している。

なお、中国外務省の耿爽報道官は、HRWの報告は読んでいないが、中国人民は「人権の最終決定権を持ち、今の状態は史上最も良い」と、反論した。

そんなわけ、ないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50730.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    親元から引き離され、「中国化」されるウイグルの子どもたち!(朝香 豊)

    中国共産党は新疆ウイグル自治区から大勢の子供たちを親元から引き…

  2. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国に…

  3. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)

    アメリカの上院は、香港人権民主主義法案を全会一致で可決した。…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ジェイコブ・ブレイク事件の核心を見よ! 無視できないマスコミ報道の歪み!(朝香 …
  2. 安全保障

    台湾有事は日本有事! 安倍元首相の発言に中国が猛反発! 中国の意図が見える!(朝…
  3. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)
PAGE TOP