人権・民主主義

中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、「2020年世界人権報告書」をまとめ、この中で 中国政府は世界の広い地域で監視システムを構築しており、これは世界中の人権に対する脅威であると指摘した。

同団体の代表のロス氏は、当初は香港でこの報告書の発表をする予定だったが、中国政府から「暴力と分離主義を扇動する」との理由で入境を拒否され、やむなくニューヨークの国連本部で記者会見を開いた。

ロス氏は「人々の未来を守るために、中国共産党政権の国際人権システムに対する攻撃に抵抗して、協力する必要がある」と述べた。

国連人権理事会において、中国は、特定の国を批判するほぼすべての人権政策に反対している。

シリア、イラン、ベネズエラ、イエメンなどの深刻な人権侵害に対する非難さえ、中国は反対票を投じてきた。

報告書は「中国は、経済発展が人権の尊重より先行するべきだと主張することで、国際人権の枠組みをゆがめようとしている」とした。

この報告書で非常に面白いのは、中国の一帯一路によるインフラ支援をグテーレス国連事務総長が褒め称えたことも批判しているところだ。

一帯一路が人権と環境基準をほとんど無視しており、一帯一路の取引を行う国では、権威主義が悪化し民主主義が後退することが多い。

その結果、こうした国々は中国の反人権的姿勢を支持し、中国国内の弾圧には沈黙し、国際機関の役割を弱体化させる役割を果たすことが多くなるわけだ。

報告書はもちろん、中国国内の人権状況にも批判を加えている。

人々の抑圧のためにAIなど先端技術を駆使し、生体やDNAサンプルの強制収集を行い、大規模に人々のプライバシーに侵入して、人々を制御しようとし、その結果として「異論のない社会」を構築しようとしていると指摘している。

なお、中国外務省の耿爽報道官は、HRWの報告は読んでいないが、中国人民は「人権の最終決定権を持ち、今の状態は史上最も良い」と、反論した。

そんなわけ、ないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50730.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  2. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!正直…

  4. 人権・民主主義

    文大統領支持率が就任後最低に! それでも支持率は43.8%! (朝香 豊)

    韓国の世論調査会社のリアルメーターによると、チョグク法相の任命…

  5. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  6. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    関電問題の闇 元助役の森山栄治氏は大の人権活動家だった!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  4. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!
  5. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)
PAGE TOP