経済

円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ゴールドマン・サックスのパンドル氏は、円の長期的な適正価値の推計は1ドル=95円だと述べた。

円は「比較的過小評価されていると言える数少ない典型的な逃避先資産の1つ」であり、円には「相当の上昇余地がある」とした。

ゴールドマン・サックスは、自社の利益のために、本音とは逆のことを言うことも多いので、注意が必要だが、このパンドル氏の見方は、私は妥当だと思う。

2月20日頃に1ドル=112円あたりまで弱含んだ円は、その後FRBの利下げ観測が出ると急激に円高方向に動き始め、その後に予想通りに利下げが行われると、あっという間に1ドル=105円台まで値上がりした。

金利が下がったといっても、現在FRBの政策金利(FF金利)は年1.00%-1.25%であり、日本の金利よりはまだまだ高い。

トランプ大統領はさらなる金利の引き下げを求めている。

そもそも新型コロナウイルスの感染拡大がアメリカでも広がってきた中で、アメリカの消費が大きく落ち込むことが、FRBに見えていないわけがない。

実際FRBは、今月(3月)中にさらに大幅な追加の利下げをする可能性についてでさえ、否定はしていない。

金利を下げても、新たに投資を増加させる効果は薄いが、すでに多くの借り入れを行なっている企業の金利負担を軽減させる役割は大きい。

感染の拡大によって経済的にダメージを受ける企業を救済するために、アメリカがさらなる金融緩和を行い、場合によってはゼロ金利に近い水準まで引き下げる可能性も、決して小さくはないのだ。

アメリカが利下げをしても、日本はすでにゼロ金利どころかマイナス金利にまで進んでおり、対抗処置が取れる余地はほとんどない。

日米の金利差が縮まれば、必然的に日本円は上昇せざるをえないだろう。

今まで不当に円安にすることで対外競争力を確保してきた日本だが、円高になっても十分に戦っていけるように、体質を変えていくことは必須の課題である。

ただ、そのように企業だけに責任を押し付けるのは、正しくない。

円高が急激に襲ってきたときに、企業がすぐさま対応ができるわけではない。

企業が新たな環境に適応するためには、相当の時間がかかるものでもある。

だから同時に、日本政府が思い切った財政出動を行わないと、日本経済を救うことができなくなるのだ。

日本経済は文字通り肺炎にかかりつつあり、やさしく介護しないといけない局面だと理解すべきだろう。

それどころか、日本政府が思い切った財政出動を行うことで、縮み上がりつつある世界経済の流れを緩和させる役割をも果たすべきなのである。

こうした財政出動は、決して日本だけに求められるわけではなく、アメリカもヨーロッパも同様ではあるが、そうした方向に速やかに動かないと世界経済はまずい展開へと向かう流れに、すでに入ってきていることを自覚しておきたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-06/Q6R5W4T1UM0W01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    技能実習生は低賃金? 意外な高待遇も!(平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  3. 経済

    出光と東レ、世界最高レベルの次世代有機EL技術開発!(朝香 豊)

    出光興産と東レは、次世代有機ELの素子開発で世界最高レベル…

  4. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

  5. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)

    中国国家統計局が発表した不動産統計によると、今年の1~8月の全…

  6. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

    ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    カザフスタンで激しい反政府運動! ナザルバエフ独裁体制への反発!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府
  3. 経済

    『三方良し』経営や経済安全保障の強化を、岸田総理はひるまず推し進めよ! 雑音は無…
  4. 安全保障

    台湾の巡視船に中国漁船が体当たり攻撃! 中国のネット民は大喜び!(朝香 豊)
  5. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている!…
PAGE TOP