安全保障

ニューヨーク州も非常事態宣言! これでもパンデミックではないの? WHO!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、アメリカではワシントン州、カリフォルニア州、メリーランド州に引き続き、ニューヨーク州でも、非常事態宣言が発令された。

アメリカの感染者数は444人で日本とほぼ同じとなり、死者は19人で、日本の3倍以上だ。

感染者数も恐らくは明日(3月9日)には日本を追い抜くことだろう。

フランス・ドイツ・スペインもすでに感染者数で日本を追い越し、ヨーロッパでの感染拡大も深刻化している。

中東は、イランの感染者数が突出しているが、人口400万人のクウェートでも61人、人口940万人のUAEでも45人になるなど、急激に拡大している。

中南米でも、ブラジルが19人、エクアドルが14人など、ほぼすべての国で感染が確認されるようになった。

アフリカでもアルジェリアが19人,エジプトが15人になるなど、感染が広がっている。

それでもなぜかWHOは未だに「パンデミック」(世界的な大流行)だとは認めない。

WHOの考える「パンデミック」の定義を知りたいものだと、嫌味の一つも言いたくなる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200308/wor2003080011-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!政府…

  2. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  3. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  5. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    極左団体「アンティファ」に注意! 反対派のジャーナリストを襲撃! 動画あり!(朝…
  2. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
  3. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク法相任命に、韓国野党党首も丸刈り抗議! (朝香 豊)
  4. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香…
  5. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 …
PAGE TOP