経済

給与の遅延や給与のカット! 大混乱に陥る中国経済!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの影響で、2月の中国の自動車販売台数は、前年同月比で80%減った。

こうした中で、各社とも厳しい経営環境にさらされ、従業員の給与の支払い遅延や、給与額のカットに走っているところも多い。

中国を代表する自動車メーカーの上海汽車集団系のある子会社では、従業員の3〜6月期の給与を75%~100%減額するとしているという。(さすがにこの数字をそのまま信じていいのか、不安になる報道だ。)

この例は極端なものだろうが、給与の20%カット、賞与の支払停止、給与支給の延期などは、広く見られる事態になっていると言ってよいと思う。

しかも、こういう事態は、恐らくは自動車業界に限られないものだろう。

というのは、中国の人力資源・社会保障部は「企業と従業員が協議を通じて給料の調整、労働時間の短縮、輪番休業を指導する」と述べているからだ。

つまり、中国政府自身が、従業員側に負担を求めて、現下の危機的な経済環境に対応することを求めて指導しているわけだ。

個別企業の生き残りを考えれば、こういう流れになるのもやむをえないところはあるが、これをマクロ経済的に見るとどうなるだろうか。

どの企業においても給与が軒並み引き下がるということになれば、国民全体の購買力は著しく低下することになる。

その結果、買い控えが生じることで、販売環境をさらに悪化させることになる。

要するにデフレスパイラルにはまることになる。

目下の経済環境への対策として、企業が低金利の「コロナウイルス債」を起債して、当面の資金繰りを賄うことを、中国政府は認めた。

すでに起債額は4兆円近くに達していて、資金繰りに困った企業にはありがたい制度だろう。

また、中国政府は、積極財政により公共投資を増やすことで、デフレスパイラルに対抗しようとしている。

だが、どちらも債務を増やして当面を生き延びることには有効であっても、経済の効率性を引き上げるという点では、全く貢献するものにはならない。

中国には高速鉄道が数多く引かれているが、その中の1つの蘭州・ウルムチ高速鉄道は、1日4往復しか運行していない。

すでに経済活動を引き上げるのに有効な路線は全て引いてしまったので、はっきり言って「ムダ」な路線を新しく作るしかなくなっているために、こうした鉄道が引かれているのだ。

中国経済のいびつさが、さらに浮き彫りになってきた。

こんなことをしていては、習近平体制は長くはもたないであろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52647.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

  2. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
  3. Featured Video Play Icon

    道理

    N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 未分類

    スリランカがデフォルトの危機! 中国の債務の罠にさらに深まる危険!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
PAGE TOP