安全保障

台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本で新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受けて、台湾の高校が日本への修学旅行を延期したいと、訪問先の香川県側に伝えていた。

台湾の台中市立文華高級中等学校の生徒たちは、修学旅行で14日から1週間の日程で来日し、丸亀市にある中高一貫校を訪問し、剣道や茶道などを一緒に体験するプログラムも入っていた。

中国からの入国制限や入国者の管理が極めて甘く、ダイヤモンド・プリンセス号に対する対応のまずさも目立つことから、日本に対する不安感が台湾国内で高まっているのだろう。

大変残念だが、生徒の健康管理に責任があり、生徒や保護者に説明責任がある台湾の高校の立場にたてば、やむをえないところだ。

しっかりとした対応策が打てない日本に対する世界の目がどんどん厳しくなっていることに、日本政府はあまりに無頓着ではないだろうか。

このままでは、中国以外のインバウンドも期待できなくなるだろう。

今から手を打っても、もはや手遅れなんだろうが、それでも何とかしてもらいたい。

感染学が専門の上昌広医師らのグループと東京大学医科学研究所の井元清哉教授たちとのグループの共同研究では、理論上はすでに113人の中国からの感染者を見落とし、入国を許したのではないかという推計を出している。

最悪の事態を想定すれば、こうした入国者1人1人が、ダイヤモンド・プリンセス号での状況と似たような感染の広がりを日本国内に持ち込んでいるかもしれないのだ。

そこまでではないにせよ、国内感染は潜在的に間違いなく広がっているはずだ。

だが、未だに湖北省への渡航経験とか、湖北省渡航者との濃厚接触の有無とかがないと、症状として新型肺炎が疑われても、そのようには診断されない状態が続いている。

このマジックによって、国内感染は増えていないことになっているわけだが、これは単なるごまかしだ。

早期に国内のアウトブレイク対策にシフトしないと、日本でも医療体制が崩壊する可能性すらある。

なんでここまで国民を不安に陥れる政策が未だに続くのか、まったくもって理解不能である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012282981000.html?utm_int=word_contents_list-items_005&word_result=新型肺炎

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国に言論の自由を求める大きな動き発生! 習近平体制は終わるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!李文…

  2. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅官…

  4. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    江蘇FCが運営停止! 「蘇寧」の危機は中国の経済危機の縮図!(朝香豊)
  2. 人権・民主主義

    ローマ教皇が米黒人死亡事件で「人種差別は容認できない」と発言! では中国は?(朝…
  3. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国、チェコを脅迫! 台湾訪問団を取りやめろ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)
PAGE TOP