安全保障

台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本で新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受けて、台湾の高校が日本への修学旅行を延期したいと、訪問先の香川県側に伝えていた。

台湾の台中市立文華高級中等学校の生徒たちは、修学旅行で14日から1週間の日程で来日し、丸亀市にある中高一貫校を訪問し、剣道や茶道などを一緒に体験するプログラムも入っていた。

中国からの入国制限や入国者の管理が極めて甘く、ダイヤモンド・プリンセス号に対する対応のまずさも目立つことから、日本に対する不安感が台湾国内で高まっているのだろう。

大変残念だが、生徒の健康管理に責任があり、生徒や保護者に説明責任がある台湾の高校の立場にたてば、やむをえないところだ。

しっかりとした対応策が打てない日本に対する世界の目がどんどん厳しくなっていることに、日本政府はあまりに無頓着ではないだろうか。

このままでは、中国以外のインバウンドも期待できなくなるだろう。

今から手を打っても、もはや手遅れなんだろうが、それでも何とかしてもらいたい。

感染学が専門の上昌広医師らのグループと東京大学医科学研究所の井元清哉教授たちとのグループの共同研究では、理論上はすでに113人の中国からの感染者を見落とし、入国を許したのではないかという推計を出している。

最悪の事態を想定すれば、こうした入国者1人1人が、ダイヤモンド・プリンセス号での状況と似たような感染の広がりを日本国内に持ち込んでいるかもしれないのだ。

そこまでではないにせよ、国内感染は潜在的に間違いなく広がっているはずだ。

だが、未だに湖北省への渡航経験とか、湖北省渡航者との濃厚接触の有無とかがないと、症状として新型肺炎が疑われても、そのようには診断されない状態が続いている。

このマジックによって、国内感染は増えていないことになっているわけだが、これは単なるごまかしだ。

早期に国内のアウトブレイク対策にシフトしないと、日本でも医療体制が崩壊する可能性すらある。

なんでここまで国民を不安に陥れる政策が未だに続くのか、まったくもって理解不能である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012282981000.html?utm_int=word_contents_list-items_005&word_result=新型肺炎

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港で元日デモ! 100万人超が参加! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    英テスコ、中国工場の稼働を一時停止! 受刑者の強制労働の疑いで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!イギリ…

  3. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サイ…

  4. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  5. 安全保障

    「中国共産党は国際支配を欲している」と、ポンペオ国務長官! (朝香 豊)

    アメリカのポンペオ国務長官は、中国共産党が国際支配に焦点を合わ…

  6. 外交

    中国を念頭に「法に逆行」批判! 南シナ海問題で菅義偉総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(…
  2. 安全保障

    韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊…
  4. 安全保障

    インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
PAGE TOP