安全保障

台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本で新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受けて、台湾の高校が日本への修学旅行を延期したいと、訪問先の香川県側に伝えていた。

台湾の台中市立文華高級中等学校の生徒たちは、修学旅行で14日から1週間の日程で来日し、丸亀市にある中高一貫校を訪問し、剣道や茶道などを一緒に体験するプログラムも入っていた。

中国からの入国制限や入国者の管理が極めて甘く、ダイヤモンド・プリンセス号に対する対応のまずさも目立つことから、日本に対する不安感が台湾国内で高まっているのだろう。

大変残念だが、生徒の健康管理に責任があり、生徒や保護者に説明責任がある台湾の高校の立場にたてば、やむをえないところだ。

しっかりとした対応策が打てない日本に対する世界の目がどんどん厳しくなっていることに、日本政府はあまりに無頓着ではないだろうか。

このままでは、中国以外のインバウンドも期待できなくなるだろう。

今から手を打っても、もはや手遅れなんだろうが、それでも何とかしてもらいたい。

感染学が専門の上昌広医師らのグループと東京大学医科学研究所の井元清哉教授たちとのグループの共同研究では、理論上はすでに113人の中国からの感染者を見落とし、入国を許したのではないかという推計を出している。

最悪の事態を想定すれば、こうした入国者1人1人が、ダイヤモンド・プリンセス号での状況と似たような感染の広がりを日本国内に持ち込んでいるかもしれないのだ。

そこまでではないにせよ、国内感染は潜在的に間違いなく広がっているはずだ。

だが、未だに湖北省への渡航経験とか、湖北省渡航者との濃厚接触の有無とかがないと、症状として新型肺炎が疑われても、そのようには診断されない状態が続いている。

このマジックによって、国内感染は増えていないことになっているわけだが、これは単なるごまかしだ。

早期に国内のアウトブレイク対策にシフトしないと、日本でも医療体制が崩壊する可能性すらある。

なんでここまで国民を不安に陥れる政策が未だに続くのか、まったくもって理解不能である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となったNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012282981000.html?utm_int=word_contents_list-items_005&word_result=新型肺炎

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

  2. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  3. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊)

    アメリカ政府は中国の通信機器大手「ファーウェイ」と「ZTE」の…

  4. 安全保障

    バイデン一家の腐敗レポート第3弾! 米上院が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
  4. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
PAGE TOP