未分類

免疫は祭りで作られる! 高橋淳教授が面白い!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

最近発売になったWiLL12月号に、吉備国際大学の高橋淳教授が書いた「免疫は祭りで作られる」という興味深い記事が載った。

高橋教授の論考は以下のような感じだ。

新型コロナの感染が北海道で広がって騒ぎになっていた2月15日に、岡山県の西大寺では恒例の「会陽(えよう)はだか祭」が開催されていた。

ふんどしを締めた1万人の男たちが3密の極地で2本の宝木(しんぎ)を巡って激しい争奪戦を繰り広げるこのお祭りでは、感染爆発が懸念された。

だが、結果としてそんなことは起こらなかった。

「はだか祭に参加した男たちは風邪を引かない」という御利益が言い伝えられているが、これは単なる迷信とか精神論とかではないのではないか。

ウイルス排泄量の少ない感染者に曝露すると、軽症で済んで免疫ができる。この仕組みを使って集団免疫を作り上げる機能を祭りは備えていると考えられる。

ウイルスに感染するとADE(抗体依存性感染増強)を引き起こして、ウイルスが猛威を振るうことがある。

だが、祭りに参加するのは青壮年の男子に限られ、老人・子供・妊婦などのADEを引き起こしやすい人たちが参加できないようになっている。

日本の祭りは大陸からやってくる疫病への対処として発達した側面があるのではないか。

こんな感じだ。

今のところはまだ科学的に証明されたなどとは言えない段階だが、非常に面白い仮説ではないかと思った。

高橋教授が書いているのはこのはだか祭の話だけでなく、通夜や初七日の意味なども含めて、そんな解釈もできるのかと思うものが多かった。

興味があれば、ぜひ読んでもらいたい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

産経新聞からの引用画像(岡山西大寺はだか祭)
https://www.sankei.com/photo/images/news/170219/dly1702190004-f1.jpg
アマゾンからの引用画像(Will 12月号)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 未分類

    蔡英文総統が二期目の就任式! おめでとう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!蔡総…

  2. 未分類

    朝日新聞の誤報の訂正が無残! 台風の冠水報道に関して!(朝香 豊)

    今回の台風報道に関して、朝日新聞は「台風19号の大雨で横浜国際…

  3. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!参議…

  4. 未分類

    トランプVSバイデンTV討論会! バイデンは耳のチェックを拒否!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!本日…

  5. 未分類

    米新最高裁判事は保守派のバレット氏! 大統領選挙は一気にトランプ優位へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!超リ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    CIAとオバマが選挙不正に絡んでいる! マキナニー退役中将!(朝香 豊)
  3. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)
  5. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
PAGE TOP