安全保障

FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

FBIがハンター・バイデンをマネーロンダリングの疑いで操作を進めていることがわかった。

ハンターのビジネスパートナーだったボブリンスキー氏は、前副大統領だったジョー・バイデンと息子の海外事業との関わりを示す証拠をFBIに提供したことを証言している。

FBIは彼自身を「物的証拠」と考えており、FBI捜査官との5時間にわたる面会が捜査に非常に役立ち、真相究明に深く役立ったと評価している。

大統領選挙前にハンター・バイデンの逮捕、さらにはジョー・バイデンの逮捕もありうるのかもしれない。

ニューヨーク・ポストの記事を「ロシアの陰謀のニセ情報」だとか「情報の入手経路が不明」だとか判断し、拡散制限してきたフェイスブックやツイッターの驚くべき偏向ぶりも、明白に晒されることになるのであろう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/29/fbi-investigating-hunter-biden-over-money-laundering-allegations-report/
CNBCからの引用画像(ハンター・バイデン)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106349086-1579707072885preview.jpg?v=1589390144
Stripesからの引用画像(ジョー・バイデンとハンター・バイデン)
https://www.stripes.com/polopoly_fs/1.648844.1602865459!/image/image.jpg_gen/derivatives/landscape_900/image.jpg
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

  2. 人権・民主主義

    公共施設での「表現の不自由展」の開催を容認! 狂った大阪地裁判決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  3. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  4. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 道理

    22歳幼稚園教諭が同居の祖母を殺害! 介護疲れの悲劇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    学校側の反日強制に反対した高校生、懲戒処分! 韓国!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    でっちあげ「スティール文書」の情報提供者逮捕! 窮地に追い詰められる民主党!(朝…
  3. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)
  5. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)
PAGE TOP