安全保障

一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの患者数が増える中、指定医療機関だけでの対応ができないため、感染症の指定医療機関ではない病院が自治体の要請をうけて患者を受け入れ始めている。

だが、事前にマニュアルを用意したものの、マニュアル通りの行動を取るシミュレーションを繰り返すことはできず、マニュアル通りの実施がなかなかうまくいかない状況になっているようだ。

感染した患者を担当した看護師が発熱するという、院内感染が疑われる事態も発生している。

感染症指定病院ではないので、この点の不慣れはやむをえないといえばやむをえないが、だが、最善を尽くしているのだからといってそのままですますわけにはいかない。

院内感染が疑われる例が出て、そのたびに医療スタッフが離脱していくような事態になれば、それは日本の医療体制全体が崩壊することにつながる。

これならいけるという妙案は自分にはないが、このままなあなあで進めて医療崩壊を起こすのは最悪の事態だ。

早期に入口を閉めなかったことが、くれぐれも悔やまれる。

現段階でこれなら解決できるという妙案が思いつくようであれば、ぜひ提案してもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの報道
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200220/k10012293971000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスで、中国がデマ情報か? 台湾で指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    エスパー国防長官が防衛費2%要求! 日本はこの外圧を利用せよ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)
PAGE TOP