安全保障

一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスの患者数が増える中、指定医療機関だけでの対応ができないため、感染症の指定医療機関ではない病院が自治体の要請をうけて患者を受け入れ始めている。

だが、事前にマニュアルを用意したものの、マニュアル通りの行動を取るシミュレーションを繰り返すことはできず、マニュアル通りの実施がなかなかうまくいかない状況になっているようだ。

感染した患者を担当した看護師が発熱するという、院内感染が疑われる事態も発生している。

感染症指定病院ではないので、この点の不慣れはやむをえないといえばやむをえないが、だが、最善を尽くしているのだからといってそのままですますわけにはいかない。

院内感染が疑われる例が出て、そのたびに医療スタッフが離脱していくような事態になれば、それは日本の医療体制全体が崩壊することにつながる。

これならいけるという妙案は自分にはないが、このままなあなあで進めて医療崩壊を起こすのは最悪の事態だ。

早期に入口を閉めなかったことが、くれぐれも悔やまれる。

現段階でこれなら解決できるという妙案が思いつくようであれば、ぜひ提案してもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの報道
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200220/k10012293971000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  5. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)
  2. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)
  3. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)
  4. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)
PAGE TOP