安全保障

TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香 豊)

TikTokの運営企業は、2017年に「ミュージカリー」というアプリを買収して、米国への進出拡大を図った。

マルコ・ルビオ上院議員は、国家安全保障の見地から、この買収についての見直しを呼びかけている。

TikTokの人気ぶりからして、香港デモに関する動画がTikTok上には当然あるはずのものなのに、現実には見かけない。同様に、ウィグルの人権弾圧に関する動画も見かけない。

こうしたことが、ティックトック側がコンテンツを検閲している「証拠」であり、こうした「証拠」が増えていると、ルビオ氏は指摘した。

英紙ガーディアンは、TikTok内部で投稿内容をチェックするモデレーターに配布されるモデレーションガイドラインの詳細を入手して、「中国におけるルールを批判する行為」が検閲対象になることを、以前に暴露していた。

このようなガイドラインに違反した場合には、コンテンツを削除されたり、ユーザーの目につきにくくなるように制限を受けることになる。

なお、TikTokの運営会社はこのようなガイドラインは過去のものであり、中国政府からコンテンツ検閲の要請もないとしている。

そうは言いつつ、香港デモやウイグルへの人権弾圧に関する動画がほとんど見かけないのは不自然であると、ルビオ上院議員は言っているわけだ。

買収を見直すと言っても、今更買収をなかったことにはできないだろう。

そのことを承知の上で、ルビオ上院議員は問題を提起してみせる。

ここに次の布石が用意されているのは、ほぼ確実だ。

アメリカはしたたかに、着実に、中国包囲網を狭めている。

ソースとなったウォール・ストリート・ジャーナルの記事https://jp.wsj.com/articles/SB12480707376259223915504585601263593093370

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  2. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  5. 安全保障

    バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)
  3. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ジョージア州で発覚した異常開票状況! それでも主流派メディアは言い逃れに必死!(…
  5. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)
PAGE TOP