安全保障

TikTokの過去の買収案件の見直しを、マルコ・ルビオ上院議員が呼びかけ!(朝香 豊)

TikTokの運営企業は、2017年に「ミュージカリー」というアプリを買収して、米国への進出拡大を図った。

マルコ・ルビオ上院議員は、国家安全保障の見地から、この買収についての見直しを呼びかけている。

TikTokの人気ぶりからして、香港デモに関する動画がTikTok上には当然あるはずのものなのに、現実には見かけない。同様に、ウィグルの人権弾圧に関する動画も見かけない。

こうしたことが、ティックトック側がコンテンツを検閲している「証拠」であり、こうした「証拠」が増えていると、ルビオ氏は指摘した。

英紙ガーディアンは、TikTok内部で投稿内容をチェックするモデレーターに配布されるモデレーションガイドラインの詳細を入手して、「中国におけるルールを批判する行為」が検閲対象になることを、以前に暴露していた。

このようなガイドラインに違反した場合には、コンテンツを削除されたり、ユーザーの目につきにくくなるように制限を受けることになる。

なお、TikTokの運営会社はこのようなガイドラインは過去のものであり、中国政府からコンテンツ検閲の要請もないとしている。

そうは言いつつ、香港デモやウイグルへの人権弾圧に関する動画がほとんど見かけないのは不自然であると、ルビオ上院議員は言っているわけだ。

買収を見直すと言っても、今更買収をなかったことにはできないだろう。

そのことを承知の上で、ルビオ上院議員は問題を提起してみせる。

ここに次の布石が用意されているのは、ほぼ確実だ。

アメリカはしたたかに、着実に、中国包囲網を狭めている。

ソースとなったウォール・ストリート・ジャーナルの記事https://jp.wsj.com/articles/SB12480707376259223915504585601263593093370

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  2. 安全保障

    ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  3. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    クオモ前NY州知事はコロナの死者数を12000名もごまかしていた! 新知事が暴露…
  2. 経済

    歪んだ「GoToイート」キャンペーン! 飲食店に負担!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    保守系ニュースは検索しても表示させない! Google!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)
PAGE TOP