人権・民主主義

購入したコートから中国の囚人IDカードが見つかる! 北京五輪への疑問を提起!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスのある女性が英国企業の「ウィスパリング・スミス」のコートを49.99ポンド(約7700円)でネットで購入したところ、コートの裏地に中国の囚人IDカードが縫い付けられていた。このカードには「湖南省岳陽監獄」「基礎級」と書かれている。

女性は奴隷労働者が助けを求めているのではないかと考えている。

女性はNHS(英国国民保健サービス)で人々が最上の人生を送れるよう支援する仕事をしているから、特に強い思いを感じているようだ。

人権団体のアムネスティ・インターナショナルは「企業は中国であれどこであれ、事業を行う上で人権を尊重する責任を負っている。イギリス政府にも海外で活動する企業に社会的責任を果たすための調査をしっかりやらせるよう働きかけたい」としている。

中国の刑務所から送られたこうしたSOSはこれまでもたびたび発見されているが、これもまた中国の重大な人権状況を表しているものだと言えるだろう。

このこともまた、このまま北京で五輪を開催してよいのかという問題とも絡む話ではないだろうか。

日頃「人権」について大騒ぎしていた人たちが、今回の北京五輪についてはなぜか活発な声を上げていないのはどういうわけか。

彼らには中国の人権状況よりも日本の資本主義の方がよほど憎たらしいのだろうが、イデオロギーをわきに置いてどちらの方が問題が大きいのかを冷静に考えてもらいたいものである。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

本当に「外交的ボイコット」?! 踏み込みがまだまだ足りない岸田内閣!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7145

香港立法会の悲しい選挙! 日本はこれまでの対中宥和がピエロだったことを認めるべき!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7132

「外交的ボイコット」に過剰反応する中国! 見えてきた北京オリンピック回避の道!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7083

台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7047

www.independent.co.ukの記事
https://www.independent.co.uk/asia/china/nhs-worker-coat-prisoner-id-china-b1980311.html
湖南省岳陽監獄の囚人IDカードの画像
https://static.independent.co.uk/2021/12/21/17/prisoner%20id1.jpg?width=1200

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国の国策金融機関の社債が大暴落! 崩れる中国経済!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 道理

    広がるベラルーシの反体制デモ! 恐れる中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ベラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    未だに国防費1%枠にこだわる公明党! 自民党はより強力なグリップを発揮せよ!(朝…
  5. 道理

    英軍ラグビーチームが靖国を訪問したことに関する韓国の報道は実はフェイクではない!…
PAGE TOP