外交

北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっぱいだ!(朝香 豊)

菅官房長官は記者会見で、北朝鮮漁船と水産庁船の衝突の様子を撮影した映像について、「現在、公表する方向で検討をしていると報告を受けている」と、ようやく述べた。

なんとか公開の方針になったことは歓迎するが、なんでこんなに時間がかかるのか、不思議だ。

そもそも西村明宏官房副長官は、2日前の記者会見で「捜査への影響もあるので公表は想定していない」と述べていた。

日本が時間稼ぎを行って、映像を加工しているなどの、余計な詮索を受けないためにも、すぐさま公表スべきだったのではないか。

尖閣沖の中国船による衝突事件から、日本政府は一体何を学んだのだろうかと、言わざるをえない。

そもそも、今回の事案は漁業をしていなかったから、漁業者の勾留ができなかったというが、まじめにものごとを考えているのだろうか。

日本の海保や水産庁の船に対して意図的な攻撃がなされ、船が傷つくことがあっても、日本の領海外であれば、日本はこれを不問にすると認めたような話ではないか。

今回の事案は、北朝鮮船から自らの船は大破して沈没するような衝突を仕掛け、海に全員投げ出されるような事態が生じた場合に、日本がどのような行動に出るのかを、北朝鮮が確認したものだろう。

全員が救助されることを想定しながら、敢えて行ったということが、本当に見えていないのだろうか。

北朝鮮は様々な展開パターンを想定しただろうが、その中で日本は最も緩いやり方で対応したことを確認した。彼らには想定していた通りだったのだろうが、実際に確認できた意義は大きいだろう。

そしてこの事実は、当然中国が尖閣で作戦を展開する時のヒントにもなっている。

この問題がはらむそういう問題の重みを日本政府が理解できないはずはないだろうと思うのだが、それでもそれができないほどに左翼勢力の影響力を考慮しなければならないということなのだろうか。

敢えて言うが、今回の動きからすれば、彼らは本物の漁民ではなく、民兵である確率がかなり高そうに思える。

北朝鮮の一般漁船であれば、60名もの船員が乗れるような大型船はありえないだろうし、自ら敢えてぶつけられるように仕向けることなどしないだろうし、ましてやその衝突で自分たちの船が沈没するほど大破させるようなことは、何としてでも避けるだろう。

今回のような事例では、沈没せずに動けなくなったとなると、証拠として考えた場合には北朝鮮側からは最悪の事態であるので、必ず沈むようにしていたと考えるほうが筋が通る。

計画的に行われた可能性が極めて高いこの事案について、日本政府はなぜここまで腰が引けた対応を行っているのだろうか。

60名の拘束ができなかった事情は説明されたが、2〜3名の拘束も本当にできなかったのだろうか。事情聴取もできないとか、ありえないではないか。

Facebook上でもものわかりのいい意見が多いのだが、我々はきちんと主張すべきことを主張すべきなのだと思う。

ソースとなった産経新聞の記事https://www.sankei.com/politics/news/191011/plt1910110011-n1.html
画像はFNN PRIMEの記事からhttps://www.fnn.jp/posts/00048467HDK/201910081900_yamadayoshihiko_HDK
https://www.fnn.jp/image/program/00048467HDK?n=12&s=nc

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 外交

    落胆の対中姿勢! 岸田新総理!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!岸田…

  3. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  4. 安全保障

    小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  5. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    コロナ対策での米台接近に、中国反発! 台湾は中国に反論!(朝香 豊)
  2. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)
  3. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 …
  4. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも
  5. 経済

    中国政府が安価な賃貸住宅を供給する意向を示す! バブル潰しにさらに一歩進める!(…
PAGE TOP